Webディレクターになるための学校と費用(大学・専門学校・スクール)

Webディレクターになるための学校の種類

Webディレクターになるためには、Webの技術やマーケティングなど幅広い学習が必要です。

Webディレクターになるためには特別な学歴や資格、知識は必要ありません。

どちらかといえば経験が重視されるため、大学や専門学校などで学び、Web制作会社に就職するのが一般的です。

また、社会人として別の仕事をしながらキャリアアップスクールや通信教育で学ぶ人もいます。

Webディレクターになるために必要な知識やスキルを、学校や仕事を通していかに計画的に修得していくかが大切です。

そのため、学校の種類だけで考えずに修得できる内容をよく考えて選ぶことが大切です。

Webディレクターになるには

Webディレクターになるための大学

Webディレクターになるために大学卒の学歴は必須ではありませんが、必要なスキルについて高度な学びを得ることができます。

国公立か私立か、また学部・学科によって学費もさまざまですが、年間で60~150万円ほど必要です。

Webディレクターになりたい人は、必要スキルに関係する以下を意識して学ぶとよいでしょう。

マーケティング

マーケティングはどのようにして商品やサービスを販売するかという学問で、経済・経営などの学部・学科で学べます。

マーケティングの基本的な考え方や手法を学ぶことで、マーケティング視点からWebサイトを見る目も養われ、成果を測定するための計数分析なども学べます。

プログラミング

情報系の学部を中心に、理系学部ではプログラミングを学ぶ機会も多いです。

デザイナーからディレクターになることがWeb業界では多いため、プログラミングやシステムに強いWebディレクターは希少価値があります。

サービスやアプリでもWebの技術が使われ、Webサイトも多機能化していますので、プログラムを理解できるディレクターのニーズはどんどん高まっています。

デザイン

Webディレクターで活躍するには、Webサイトのユーザビリティやシステムだけでなく、デザインの観点も大切です。

デザインのトレンドは変わりますが、良いデザインには法則が必ずあります。

専門的に学ぶことで再現性のあるデザインが作れるようになり、センスも磨かれていきます。

芸術系の学部・学科で学ぶのも良いですが、工業系の学部・学科でも学ぶことが可能です。

Webディレクターになるための専門学校

専門学校は職業能力の修得を重視した学校であり、大学よりもWebに特化した技術を学ぶことが可能です。

授業料は年間60万円~100万円程度が多く、卒業後の就職先の紹介やあっせんも期待できます。

コースがさまざまに用意されていますが、Webディレクターを目指すコースの多くはWebデザインやマーケティングといった複数のコースがまとめられたもので、基礎知識がある人向けの内容です。

制作の基本を身につける上でも、まずはデザインやコーディングをしっかり学べるところを選ぶとよいでしょう。

最近はインターネットを通して通信制の授業が可能なところも増えているため、気に入ったところがあれば自宅での学習も可能です。

Webディレクターになるためのキャリアアップスクール

キャリアアップスクールは、主に社会人が通うスキル強化のための専門スクールです。

Webディレクターのスキルが学べるスクールも多く、仕事で使えるレベルの実践的なスキルを身につけることができます。

授業料は受講するコースの授業時間や内容によって40万円~80万円とばらつきがありますが、実習に必要な設備が整っていて、仕事終わりの夕方から通えるところも多いです。

専門学校と同様に卒業後は就職先の紹介やあっせんもあるため、転職を考えて活用する人も多いです。

さまざまな年代・職業の人が通うため、一緒に学ぶ中で異業種交流ができるなど社会人としてのスキルアップにも効果的です。

Webディレクターになるための学校選びのポイントは?

一般的にWebディレクターは学校を卒業してすぐになれるものではなく、制作現場で働きながら適性のある人がキャリアアップしていきます。

そのため、Webデザインやコーディングといった制作現場の仕事をしっかりとできることが必要で、これらのスキルがないならこれらをしっかり学ぶことがスタートです。

専門学校はWeb制作について直接的に学ぶことができ、Web業界で働くためのスキルの基礎を身につけることができます。

一方、Webディレクターとして活躍するために重要なマーケティングやプログラミングなどの知識は大学の方が体系的に深く学べます。

どちらにしても学びやすいものと学びにくいものが出てきますので、まずは自分が先に学びたいものを学べる環境を選びましょう。

Webディレクターを目指すならプログラミングスクールも検討

IT業界やWebディレクターを目指すなら

プログラミングスクールでスキルを高める

ことも考えてみるとよいでしょう。

ITエンジニアの人材不足は慢性的で、今後も職に困ることは少ないといわれています。

また、ITエンジニアは他職種と比較しても給与は高い傾向にあり、テレワークの比率も高くなっています。

未経験採用をしている企業もありますが、

スクールでスキルを身につけておくと、就職・転職で有利になる

可能性もありますし、採用後もスムーズに仕事をはじめることができます。

ここではキャリア支援サポートもあるプログラミングスクールを2つ紹介します。

SAMURAI ENGENEER





公式サイト
SAMURAI ENGINEER

SAMURAI ENGINEERの特徴

1.専属マンツーマンレッスンで最速最短でプログラミングを習得できる

2.スキルに合わせた完全オーダーメイドカリキュラムで学習効率アップ

3.採用時にアピールできる、完全オリジナル作品を開発できる

4.キャリアアドバイザーによる未経験からの転職支援サポートを受けられる

さらに、SAMURAI ENGINEERの人材紹介サービスを利用して転職成功した場合に、

受講料が無料になるコース

も用意されています。

さまざまなコースがあるので、一度無料説明会で自身に合ったコースがあるか聞いてみるとよいでしょう。

tech boost





公式サイト
tech_boost

tech boostの特徴

1.プロのカウンセラーが目標に応じた最適なプランを提案してくれる

2.現役エンジニアのメンターが学習を細かくサポート

3.運営会社がエンジニアに特化したキャリアサービスを展開しているので、エンジニア転職に強い

4.オンラインイベントなどで仲間ができる

渋谷のみとなりますが、通学プランも用意されています。

無料説明会では、プログラミングを学ぶメリットや受講イメージなどを詳しく教えてもらえます。


より柔軟にスキルをしっかりと学びたいなら「SAMURAI ENGINEER」、細かいサポートや転職実績を重視するのなら「tech boost」がおすすめ

です。

講師との相性やカリキュラムなど、実際に話をしないとわからないことも多いので、少しでも興味があれば無料説明会に参加してみましょう。

公式サイト
SAMURAI ENGINEER

公式サイト
tech_boost

Webディレクターを目指すならプログラミングスクールも検討

IT業界やWebディレクターを目指すなら プログラミングスクールでスキルを高める ことも考えてみるとよいでしょう。

ITエンジニアの人材不足は慢性的で、今後も職に困ることは少ないといわれています。

また、ITエンジニアは他職種と比較しても給与は高い傾向にあり、テレワークの比率も高くなっています。

未経験採用をしている企業もありますが、 スクールでスキルを身につけておくと、就職・転職で有利になる 可能性もありますし、採用後もスムーズに仕事をはじめることができます。

ここではキャリア支援サポートもあるプログラミングスクールを2つ紹介します。

SAMURAI ENGENEER


公式サイトSAMURAI ENGINEER

SAMURAI ENGINEERの特徴

1.専属マンツーマンレッスンで最速最短でプログラミングを習得できる

2.スキルに合わせた完全オーダーメイドカリキュラムで学習効率アップ

3.採用時にアピールできる、完全オリジナル作品を開発できる

4.キャリアアドバイザーによる未経験からの転職支援サポートを受けられる

さらに、SAMURAI ENGINEERの人材紹介サービスを利用して転職成功した場合に、 受講料が無料になるコース も用意されています。

さまざまなコースがあるので、一度無料説明会で自身に合ったコースがあるか聞いてみるとよいでしょう。


tech boost


公式サイトtech_boost

tech boostの特徴

1.プロのカウンセラーが目標に応じた最適なプランを提案してくれる

2.現役エンジニアのメンターが学習を細かくサポート

3.運営会社がエンジニアに特化したキャリアサービスを展開しているので、エンジニア転職に強い

4.オンラインイベントなどで仲間ができる

渋谷のみとなりますが、通学プランも用意されています。

無料説明会では、プログラミングを学ぶメリットや受講イメージなどを詳しく教えてもらえます。


より柔軟にスキルをしっかりと学びたいなら「SAMURAI ENGINEER」、細かいサポートや転職実績を重視するのなら「tech boost」がおすすめ です。

講師との相性やカリキュラムなど、実際に話をしないとわからないことも多いので、少しでも興味があれば無料説明会に参加してみましょう。

公式サイトSAMURAI ENGINEER

公式サイトtech_boost