占い師の勤務時間・休日

占い師になりたいと考えたとき、自分が望むライフスタイルに合った働き方ができるのか、1日の流れはどのようになるのかが気になるのではないでしょうか。

本記事では、占い師の休日や働き方などを紹介します。

占い師の勤務時間

勤務時間は自由

占い師の勤務時間は人によってまちまちです。

仕事は完全出来高制で、電話占いやネット占いの会社には24時間営業のところもあるため、基本的に勤務時間は自由です。

極端な話をすれば1時間からでも働くことが可能で、家庭に事情を抱えた人でも働きやすい職業といえるでしょう。

ただ、実際に仕事として考えると相談者が多い曜日や時間帯を考える必要があり、多くの占い師はその曜日や時間帯に出勤できるようにシフトを調節します。

相談者が多い時間帯に働く

占い師の仕事は、相談者が多い時間帯を狙って入るほうが効率よく仕事ができます

一般的に、相談者の多い時間帯は対面占いの場合は平日の夕方以降もしくは土日祝日です。

電話占いやネット占いなら、夜21時から1時が相談のピークとなります。

ただ、この時間帯は相談者が多くなる分、待機する占い師も多くなるため、会社によっては時間をずらしたほうが稼げる場合もあります。

固定客がいれば時間をずらしても稼げる

相談者が多く、占い師が稼げる時間帯は確かにありますが、これは新規の相談者・フリーの相談者がつきやすい時間帯でもあります。

占い師本人に固定客がたくさんいる場合は、待機時間をずらしても十分に稼ぐことができるでしょう。

実際に占い一本で生活をしている人は、固定客をたくさん持ち待機した途端スケジュールが予約で埋まることも多いです。

占い師の休日

占い師の仕事は個人事業主的な要素が非常に強く、基本的には自分でスケジュールを調整し自由に休みを取ることができます

占い会社に所属している占い師は、たいてい所属会社に1週間もしくは1ヵ月のシフトを出して勤務時間を決めます。

占い会社はこのシフトをもとに顧客に案内をかけ、占い師の仕事を確保します。

自分の都合のよい時間だけ働く人、待機時間を長くしてより多くの相談者に応え稼ぎたい人など、仕事に対する考え方やライフスタイルによって休日を決めているようです。

占い師の残業

占い師は自分で勤務時間や休日を決められるため、基本的に残業という概念はありません

ただし、予約がたてこんだり、相談が長くなったりすると、結果的に予定の勤務時間より多く働くことはあるようです。

占い師は忙しい? 激務?

一般的に、占い師の仕事が激務になることはほとんどありません。

体調に影響するほど占いをしてしまうと、占いの精度も鈍ってしまうと考える人が多いため、自分で仕事量や勤務時間を調整しほどよく休む人が多いようです。

また、固定客がついたり、予約でいっぱいになったりする占い師は限られ、占いの身の仕事で生計を立てられる占い師はごく一部です。

そのため、多くの占い師は仕事を掛け持ちする場合が多く、占いの仕事そのものよりも生活を成り立たせる方が大変だと感じている人が多いようです。

占い師の休日の過ごし方

占い師は、体調が悪いと占いに支障が出てしまうと考える人が多く、適度に休む人が多いようです。

休日はゆったりと体を休める人が多いようですが、ほかの占い師に自分が占ってもらったりするなど占いの精度を上げるためにこつこつと勉強する人も少なくないようです。

占い師の志望動機と例文・面接で気をつけるべきことは?

占い師の勤務時間・休日のまとめ

仕事は完全出来高制で、電話占いやネット占いの会社には24時間営業のところもあるため、基本的に勤務時間は自由です。

自分の都合のよい時間だけ働く人、待機時間を長くしてより多くの相談者に応え稼ぎたい人など、仕事に対する考え方やライフスタイルによって休日を決めている人が多いようです。

休日は次の稼働にそなえてゆっくり身体を休める人が多いようですが、占いの勉強をする人も少なくありません。