運転手の資格の種類

タクシー運転手の免許・資格

タクシー運転手として働くには、必ず「普通自動車第二種運転免許」が必要です。

タクシーなどの車両には一般のナンバープレートとは異なる商業ナンバーがつけられています。

この免許は21歳以上で、大型自動車免許・普通自動車第一種免許・大型特殊免許のいずれかの免許を取得してからの期間が3年以上経っていれば、試験を受験することができます。

他人の命を預かる仕事のため、一般的な第一種免許と異なり、視力は両目0.8以上片目0.5以上(第一種免許は両目0.7以上、片目0.3以上)と厳しくなっています。

さらに、学科試験と技能試験に合格した後には、応急救護処置講習と旅客者講習という講習を受けなくてはなりません。

また、東京、大阪、神奈川(横浜市、川崎市、横須賀市および三浦市)のタクシー会社で働く場合は、タクシーセンターの地理試験に合格する必要があります。

バス運転手の免許・資格

バスの運転手として働くには、「大型二種自動車運転免許」が必要です。

大型二種自動車免許の受験資格は、「21歳以上で、普通自動車免許か大型一種自動車運転免許、もしくは大型特殊自動車免許の取得後3年以上が経過していること」となっています。

受験資格自体はそこまでハードルが高くありませんが、試験科目は「適性試験(視力、色彩能力、深視力、聴力、運動能力)」「学科試験」「技能試験」の3種類で、合格率はわずか10%程度です。

バスは多くの乗客の命を預かるとことから、採点基準はかなり厳しく、一回目の試験で合格する可能性は極めて低いといわれています。

トラック運転手の免許・資格

中型自動車免許

車両総重量5トン以上11トン未満、最大積載量3トン以上6.5トン未満の中型自動車を運転する際に必要な免許です。

取得には、普通車免許か大型特殊免許の取得から2年以上経過していることが条件となります。

大型自動車免許

トラックやダンプカー、タンクローリーなど車両総重量11トン以上、最大積載量6.5トン以上の大型自動車を運転する際に必要となります。

取得には、普通車免許、中型免許、大型特殊免許のいずれかを取って3年以上経過していることが条件となります。

けん引免許

車両総重量750キロを超えるトレーラーや、台車に乗せた荷物を車両に連結して移動させる際に必要な免許です。

トレーラーなどを運転する場合には、これに加えて大型免許の取得も必要となります。

運搬に必要な資格

タンクローリーの中身によっては、さらに別の資格が求められます。

たとえば、ガソリンや軽油等を運ぶ場合は「危険物取扱者免許」、毒物を運ぶ場合は「毒物劇物取扱責任者免許」、高圧ガスを運ぶ場合は「高圧ガス移動監視者講習」の修了もしくは「高圧ガス製造保安責任者免状」が必要となるなど、細かな規定があります。

専属運転手の免許・資格

専属運転手の場合、タクシーのように第二種運転免許が求められることはあまりありません。

しかし、運転歴や免許証の色で判断されることは多く、仕事やプライベートで長年運転している人、さらに無事故無違反の人の方が採用されやすくなります。