テレビプロデューサーの勤務時間・休日

テレビプロデューサーの勤務時間

 

日々、業務に追われて不規則な生活になりがちな放送業界ですが、テレビプロデューサーはどんな勤務体制なのでしょうか?

まず、大前提として、勤務時間は不規則になることが多いようです。

一般企業のように9時に出勤して17時に退社などということはほとんどありません。

早朝の生放送のニュース番組を担当していると、深夜3時頃にテレビ局に出勤し、生放送を終えて、反省会。

それから企画会議や出演者のキャスティングを行い、一息つけるのは夜、ということもあります。

一方で、ドラマを担当していると、毎日のようにロケや収録に追われ、ワンクールの放送が終わるまで深夜残業続きということもあります。

放送の前後にトラブルが起きれば更に忙しくなるため、プロデューサーとして働くのであれば勤務時間が不規則になることは覚悟しなければいけないでしょう。

テレビプロデューサーの休日

 

テレビ業界で働く人は、勤務が不規則であることでよく知られています。

プロデューサーの場合も何か月も先までスケジュールが埋まっていることが多く、休日に関してもあまり多くは取れないのが現状です。

収録の合間に、あるいは番組のオンエアが終わったあとに、最低限の休日を取得するというケースが多く、頻繁に連休を取ったり長期休暇を取ったりすることはあまりないでしょう。

番組制作の現場にはプロデューサーの決断がなければ先に進めることができない物事が多いので、こうした現状もある程度は仕方がないのかもしれません。

1日まるまる休みにすることが現実的ではないため、半休を取ったり時間休を取ったりしてリフレッシュのための時間を捻出している人もいるようです。

テレビプロデューサーの残業時間

プロデューサーの大切な仕事のひとつに、番組出演タレントのケアがあります。

収録のためにスタジオや局に入ったタレントが、気持ちよく収録に臨めるよう挨拶や礼を尽くすわけです。

つまり、基本的には、収録が終わるまでは絶対に現場にいなければなりません。

最近のバラエティ番組は、大勢の出演者がいる都合上、深夜、あるいは明け方にまで収録がかかることがあります。

ですので、番組によって状況はさまざまですが、丸1日テレビ局や会社に缶詰になることもあるでしょう。

プロデューサーには残業がつきものなのです。

テレビプロデューサーは忙しい?激務?

 

日々、テレビ局や制作会社を飛び回ることが多いテレビプロデューサーは、仕事量的には激務になるのでしょうか?

まず、たいていのプロデューサーは複数の番組を担当しています。

各番組の予算管理・スタッフ管理・番組企画の決定・タレントなど出演者ブッキングとギャラ交渉・新企画の提案書作り・企画会議への参加・スタジオ収録など、やらなければいけないことは挙げればきりがありません。

このことからもわかるように、その業務は想像以上に激務です。

特に番組改編期は、レギュラー番組に加え特番や新番組の制作もあるため、自宅には帰宅できなかったり、十分に寝れなかったりする日々が続くでしょう。

テレビプロデューサーの休日の過ごし方

それでは、そんな忙しいプロデューサーは、貴重な休日をどのように過ごしているのでしょうか。

スポーツや読書、映画鑑賞などでリフレッシュをして仕事に備える人もいますし、家族と一緒に時間を過ごすことを優先させる人もいます。

しかしながら、資料読みやオンエアチェックのために休日が丸一日潰れてしまうことも多々あるようです。

また、番組でお世話になっているタレントや業界関係者との交遊も休日にやらなければならないことのひとつです。

世間で流行っているドラマや映画などを自分の目でチェックして、新しい企画のヒントを探すのも大切なことです。

担当番組を複数持つプロデューサーであればあるほど、休日であっても賢い時間の使い方が求められます。

テレビプロデューサーの1日のスケジュール・生活スタイル