テレビディレクターの勤務先の種類・活躍の場

テレビ局

キー局とローカル局

テレビ番組の演出を手がけるテレビディレクターの活躍の場となるのは、テレビ局やテレビ番組制作会社、プロダクションです。

そのなかで最も採用試験が難しいといわれているのはテレビ局です。

テレビ局というのは、誰もがよく知っている民放のキー局やローカル局、公共放送のNHKのこと。

民放のキー局というのは、「テレビ朝日」「TBSテレビ」「フジテレビジョン」「日本テレビ放送網」「テレビ東京」のことで、いずれも東京の本社があります。

日本で暮らしている人であれば、誰もが名前を聞いたことがあるのがキー局ともいえるでしょう。

これに対して、全国各地にある民間の放送局のことをローカル局(地方局)と呼んでいます。

「札幌テレビ」「静岡朝日放送」「中京テレビ」「テレビ西日本」「九州朝日放送」など、全国各地にさまざまなローカル局がありあす。

ローカル局の強み

キー局では一つの番組を制作するにあたって、さまざまな役割を持った人たちが関わります。

テレビディレクターの他にも、「情報をリサーチする人」「放送作家」「編集マン」「編集時の音声マン」などの手を借りて一つの作品を作り上げていくのです。

キー局は分業制になっているので、自分の持ち場をしっかりとこなして次につなげることが、非常に大切です。

一方で地方局のテレビディレクターは、一人ですべての役割をこなす人がほとんどです。

ゼロの状態から自らリサーチをして台本を書き、撮影された映像を専門の機器を使って編集するという一連の流れを、すべて自分一人で行うのです。

ですからキー局のテレビディレクターは、一点集中型。

地方局のテレビディレクターはオールマイティーというわけです。

地方局でディレクターとしての経験を積めば、転職の際に即戦力として必要とされる可能性が高まるでしょう。

テレビディレクターの仕事内容

NHK

NHKの場合は東京に放送センターがありますが、全国の都道府県にそれぞれの地方専門の放送局があります。

公共放送という性質上、災害報道や地域密着型のニュースに力を入れているという特徴があり、NHKの局員は必要に応じて転勤しながらさまざまな局に赴任することになります。

番組制作会社・プロダクション

番組制作会社やプロダクションは、テレビ局から発注を受けて番組を作っている企業のことです。

昔はテレビ局の社員によって多くの番組が作られていましたが、昨今では人件費削減のため多くの番組が外部の制作会社によって作られています。

番組制作会社の中にはNHKの「NHKエンタープライズ」や「NHKプラネット」、テレビ朝日の「テレビ朝日映像株式会社」、フジテレビの「フジクリエイティブコーポレーション」、TBSの「TBSビジョン」、テレビ東京の「テレビ東京制作」のように、放送局の資本が入っている企業があります。

この他に独立系の番組制作会社もあり、こうした企業は複数の放送局から仕事を受けています。

入社後は5年ほどアシスタントディレクター(AD)として、番組制作の経験を積み、一人前になるとディレクターに昇格することができます。

フリーランス

テレビディレクターは、フリーランスで働くこともできます。

フリーのディレクターとして仕事を獲得するためには、技術・企画力、さらには、コネクションが必要です。

現場には、フリーのディレクターもたくさんいますが、たいていの場合、彼らはテレビ局や制作会社に就職した後、会社から独立しています。

大学を卒業して、いきなりフリーランスになるというのは難しいでしょう。

ネット配信番組

最近ではインターネットで動画を配信することができるアプリやサイトが増えてきました。

また、AbemaTVのようなインターネットテレビ局も登場しています。

こうしたテレビ局では、独自の番組を制作して放送しています。

ディレクターの募集もあるので、テレビディレクターを目指す人にとって就職先の新たな選択肢となるでしょう。