テレビADの勤務先の種類・活躍の場

テレビ番組の演出を手がけるディレクターのアシスタントをするのが、テレビADです。

ディレクターとADは別の職種というわけではなく、ディレクターになるための修行期間としてADをするのが一般的です。

そのため、ADの主な勤務先は、ディレクターと同様にテレビ局番組制作会社、プロダクションなどになります。

入社後の数年間はADとして、番組企画会議の資料を用意したり、ロケ・スタジオ収録のサポートをしたりして経験を積みます。

一人前のADとして認められるようになると、やがてディレクターに昇格して番組そのものの演出を任されるようになります。

ディレクターとして経験を積むと、将来的にはデスクやプロデューサーに昇格することがあります。

このようなキャリアアップの流れに関しては、基本的にどの番組制作会社でも同じです。

テレビADの仕事内容

テレビADの勤務先の種類

テレビADの勤務先であるテレビ局と番組制作会社はどのような違いがあるのでしょうか。

ここではそれぞれの特徴を説明します。

テレビ局

テレビ局は、大きく分けると民放とNHKに分けることができます。

民放には「キー局」と呼ばれている主要放送局があり、「テレビ朝日」「TBSテレビ」「フジテレビジョン」「日本テレビ放送網」「テレビ東京」のことを指しています。

キー局に対して、全国各地にある民間の放送局のことを、地方局(ローカル局)と呼びます。

キー局やローカル局では例年ディレクターの採用試験が行われており、入社後まずはADとして働くことになるのが一般的です。

公共放送であるNHKの場合はAD制度がないため入局後すぐにディレクターとして仕事をすることになりますが、「FD(フロアディレクター)」としてディレクターの補佐をすることはあります。

番組制作会社

テレビ局から依頼を受けて番組作りを任されているのが、番組制作会社やプロダクションです。

テレビ局の資本が入っている番組制作会社もあれば、独立した番組制作を行っている会社もあります。

番組制作会社ではADの募集を積極的に行っていることが多く、正社員だけではなく契約社員やアルバイトで雇用されることも珍しくありません。

まずはアルバイトで採用し、慣れてきたら契約社員になり、一人前の働き方ができるようになったら正社員になる、というケースもあるようです。

テレビ局に比べると収入は不安定になりがちですが、独自のカラーがあったり若手の育成に力を入れていたりするのが魅力です。

大手のプロダクションから個人経営の事務所までさまざまな規模の会社があるので、こだわりさえ持たなければ、ADとしてどこかの番組制作会社に就職をすることは簡単かもしれません。

しかしながら、自分がどんな番組を作りたいのか、どんなジャンルの番組制作を希望するかを明確にしておいたほうがよいでしょう。

将来どんなディレクターになりたいか、何を視聴者に伝えたいかをきちんと考えておいた方がよいことは間違いありません。