通関士の求人状況・就職先の選び方

通関士の就職先にはどんなところがある?

通関士の就職先として最も一般的なのは通関業者です。

その名の通り、通関業務をメインとする会社でクライアントから依頼され貨物の通関業務を請け負います。

クライアントも貨物も多種多様で、通関士としての実力が発揮される就職先といえるでしょう。

そのほかには倉庫会社や商社、メーカーも挙げられます。

倉庫会社の場合は保税地域にある自社大型倉庫の運営がメインですが、顧客の利便性を高めるため通関業を兼務する場合があり、そうした倉庫会社では通関士が必要になります。

商社やメーカーの場合は取り扱う貨物の量も多いため通関部署を設置し、通関業者とスムーズなやり取りを行いスピーディーな貿易のために通関士を採用する場合があります。

またコスト削減のため、自社で通関業務を行う企業もあり、そうした際には通関士が必要となります。

通関士の勤務先・勤務地の種類

通関士の求人の状況

インターネットの求人情報を検索してみると分かりますが、通関士を募集している会社はたくさんあります。

そもそも通関士は人手不足といわれており、通関業務を営む企業であればニーズは高いといえます。

通関士で募集している場合もあれば、通関事務で募集している企業もあり、後者の場合は実務経験が歓迎条件になっており、通関士のサポートが主業務のようです。

通関士の募集条件は当然ながら有資格者が挙げられますが、新卒の場合は通関部門での業務を経験し、通関士資格の取得を目指せる会社もありますのであきらめずに探した方がよいでしょう。

通関士の就職先の選び方

航空貿易か海上貿易か?

会社によって航空貿易と海上貿易どちらを主業務にしているかによって働き方が変わってきます。

海上貿易の通関業務だとシフト制で24時間対応するケースもありますし、海上貿易の通関業務だと営業所によっては取扱量が多く忙しい日々を過ごすかもしれません。

会社に通関士が何人在籍しているか、どういう編成で配置しているかなど、入社後に想定と違っていたとならないように確認しておきましょう。

業務内容

通関士として就職した際に自分が行う業務内容を確認しておくことが必要です。

通関業者であれば、「通関書類(輸出入)審査」、「通関書類作成」、「税関への説明」、「税関検査の立ち合い」などがメインとなるでしょう。

商社やメーカーであれば、「通関書類作成」に加え、「通関業者へ依頼する輸出入通関書類の提出や貨物の説明」、「貨物の物流管理」などを担当する場合があります。

純粋な通関業務をメインとするか、それとも守備範囲を広げるためさまざまな業務を経験したいかなど、個人の考え方によりますがミスマッチとならないよう注意が必要です。

サポート・教育体制

特に経験の浅い、もしくは未経験の通関士にとっては重要なポイントでしょう。

知識はあっても実際の業務となるとそう簡単に物事は進みませんし、会社によってもローカルルールがあるため教育体制が整っていると安心するでしょう。

通関士の志望動機・面接

通関士の志望動機は人それぞれですが、あくまでも一例として挙げると「外国と関わる国際的な仕事がしたい」、「日本経済を支える貿易関係の仕事がしたい」、「誰でもできないスペシャリストとして活躍したい」などが挙げられます。

通関士資格は合格率15%程度の難関国家資格である上に、貿易を行う際、通関士にしかできない業務も多々あるためプロフェッショナルとしての意識と責任感の高さをアピールする人もいるようです。

通関士の志望動機、面接

就職先はどのように探したらいい?

通関士の求人の探し方はさまざまありますが、ほかの職種とさほど変わりません。

代表的なのはハローワークでしょう。

誰でも無料で利用できますし、最近はインターネットでも求人検索できるため利便性も高まってきましたが、実際に応募する際は窓口に行き手続きをしなければいけません。

ほかには転職エージェントを利用する方法もあります。

自分の経歴や希望を登録すれば、転職エージェント側でマッチした求人を探してくれるほか、スカウト機能を使えば企業側からアプローチもしてくれるので在職中の人であれば手間なく探せるメリットがあります。

個別面談によって詳細ヒアリングやアドバイスを行ってくれる会社もあったり、物流関係を専門としたエージェントもあります。

利用者は無料の場合がほとんどなので登録しておいて損はないでしょう。

求人サイトで自分で探すのも一つの方法です。

いくつもの求人サイトの情報を集めているため、こちらも希望条件などを登録しておけばマッチした求人を知らせてくれるため探す時間を省けます。

便利な方法がいくつもあるので、上手に使い分けて効率よく情報を収集しましょう。