動物病院のトリマー

動物病院でトリミング?

動物病院の中にはトリミングも行っているというところがあります。

飼い主にとって、かかりつけの病院でトリミングができるのは大きな安心であるといえます。

サロンを併設していたり、院内で対応していたりと形態はそれぞれですが動物病院の役割も変化しつつあることは間違いありません。

動物看護士の資格は持っておくべき

動物病院に勤務するトリマーは、トリマーの資格と併せて、動物看護師の資格を持っている人が多い傾向があります。

こういった人たちの場合、トリマーと看護師を兼任していることがほとんどです。

病院としても動物看護士の資格を併せ持つ人材を求めています。

動物看護師の仕事

トリマーとしてどこに比重をおくか

サロンで働くトリマーと動物病院で働くトリマーは同じ職業でありながら大きな違いがあります。

サロンでのトリミングはペットの美容面に重点が置かれます。

飼い主は伸びてしまった毛をきれいに揃えて整えたい、ペットがより可愛らしく見えるように仕上げて欲しい、今の流行カットをしてほしいというような目的でサロンを訪れます。

一方、動物病院でのトリミングは治療の一環です。

見た目だけではなく、皮膚トラブルの予防や治療のための施術が求められます。

またサロンでは扱いきれないような噛み癖があるペットがすがる思いで訪れる場合も多いです。

ただし、両者にトリミングの技術の優劣はありません。

トリマーとしての理想像や目的意識によって働く場を考えていくとよいでしょう。

これがずれてしまうと離職の道を選ばざるを得なくなることもないとはいいきれません。

動物病院で働くメリット

トリマーとして動物病院で働くメリットはなんといっても動物の健康面に関する知識が得られることでしょう。

各種病気や怪我に対する対応を修得できることは将来的に独立を考えた時に大きな武器になります。

また、通院している動物達が元気になっていく過程を見られることをモチベーションの一つにしている人も多いようです。