登録販売者の就職先の種類と仕事内容の違い

登録販売者の就職先の種類と仕事内容の違い

登録販売者の就職先は、主にドラッグストアや調剤薬局などになります。

このほか、近年ではスーパーやコンビニ、大型家電量販店など、さまざまな店舗で一般用医薬品を販売し始めており、登録販売者の活躍の場は以前にも増して広がっています。

風邪薬や鎮痛剤などの一般用医薬品を販売したり、お客様や患者さんの相談に乗ってアドバイスをする基本的な業務は共通していますが、勤務する先の業態によって日々の業務内容や仕事の流れなどは大きく異なります。

また、就職先によって、正社員として採用されるのか、アルバイト・パートなどの非常勤スタッフとして働くのかなど、働き方も大きく違っています。

ここでは、就職先の違いによる登録販売者の仕事内容の違いについて見てみましょう。

登録販売者の仕事内容

ドラッグストアで働く登録販売者の業務の内容

日用品や医薬外品などをたくさん取り扱うドラッグストアに勤務する登録販売者の仕事は、接客・販売業務が主になります。

お客様からお薬や健康食品などの相談を受けてアドバイスしたり商品の案内をしたりといった業務はもちろんですが、併せて接客・レジ対応・商品管理・スタッフの指導・清掃なども行ないます。

リーダー的な立場になると、医薬品の在庫管理・発注をしたりすることもあります。

また、美容化粧品や健康食品を扱っている店舗に勤務する場合は特に、身だしなみや店内の清潔感を厳しく管理する傾向があります。

華美な髪形やネイルなどのおしゃれ、医薬品を扱う専門家としてのイメージを損なうような外見はマニュアルでNGとされていることがほとんどです。

業務は支給された白衣を着て店頭に立つことが多いですが、お客様を不快にしないようマニュアルをきちんと守ることも大切です。

身体や症状に不安があって来店しているお客様のお話を聞き、適切なアドバイスをしたことで直接感謝の言葉をかけてもらえるやりがいは、ドラッグストアに勤務する登録販売者ならではのものかもしれません。

実際に店舗に立ち、販売の最前線でお客様と接することができる点がドラッグストア勤務のメリットと言えるでしょう。

深夜まで開店しているドラッグストアでの勤務の場合、夜勤が入ることがあり、その分手当が付くので収入は増える可能性があります。

調剤薬局で働く登録販売者の業務の内容

クリニックの隣や近隣に併設された調剤薬局に勤務する登録販売者の主な業務は、レセプト入力や事務作業、受付などです。

街の調剤薬局では、取り扱う処方箋の発行元医療機関が隣接しているクリニックなど固定化される傾向にあります。

そのため、いつも訪れるお客様とクリニックなどの医療機関との関係を築いていきやすい環境にあるといえます。

調剤薬局での業務の流れとしては、お客様(患者さん)から持ち込まれた処方箋とお薬手帳を受けとり、処方箋に従って処方薬を入店舗のシステムに入力することから始まります。

先発薬・後発薬の希望なども忘れずにチェックし、店舗内の在庫などを確認しながら処方薬の商品を確定していきます。

この情報をもとに、薬剤師が調剤室で調剤をし、お客様に薬が手渡されることになります。

お会計や患者情報の更新なども調剤薬局勤務の登録販売者の業務になります。

調剤薬局での一般事務業務は登録販売者資格が必須でない場合もありますが、有資格者は名札に併記される調剤薬局が多く、患者さんに簡単なアドバイスや意見などを求められることもあります。

また、店内で販売する一般医薬品などの在庫管理や発注作業、レジ業務なども登録販売者の仕事です。

コンビニエンスストアで働く登録販売者の業務の内容

一般医薬品の取り扱いがあるコンビニエンスストアでは、医薬品販売の担当者として登録販売者の採用をしています。

実質的な売り場の責任者という立場になることが多いですが、業務としては医薬品にだけ関わるということはあまりなく、一般用医薬品に関する相談対応や販売をするのと同時に、レジや品出し、店内の清掃などといった通常のコンビニ業務も並行して行うことがほとんどです。

しかし、一般のスタッフとは違う、登録販売者とひと目でわかる制服や名札を着用するので、気持ちが引き締まるようです。

業務の種類が多く、レジの自動化なども進んでいますが、コンビニエンスストアではスタッフ用のマニュアルが充実しているので、しっかり学びながら業務を覚えていくことが可能です。

時間給は一般スタッフと比較すると、100円程度から数百円高く設定されているケースが多く、資格手当などが出る店舗もあります。