テキスタイルデザイナーの資格

テキスタイルアドバイザーの資格

テキスタイルデザイナーとして働くために特別に必要とされる資格や免許というのはありません。

デザイン業界で働く職種全般にいえることではありますが、芸術的なセンスや生地の加工技術こそが求められる仕事なので、資格よりも実力が重視される世界なのです。

服飾や生地などの衣料品に関する知識を証明するものとしては、TAとも呼ばれる「衣料管理士(テキスタイルアドバイザー)」があります。

これは一般社団法人である日本衣料管理協会が認定している民間資格のことで、ファッション用品やインテリア用品、雑貨などに使われている繊維商品を企画、生産におけるスペシャリストとして定義されています。

テキスタイルアドバイザーの取得方法

それでは、「衣料管理士(テキスタイルアドバイザー)」の資格を取得するにはどうすればよいのでしょうか。

まずは、この協会が認定した大学に進学し、「材料」「加工・整理」「企画・設計・生産」「流通・消費」という四つの専門分野について勉強する必要があります。

さらに、大学で43単位以上を取得すれば「一級衣料管理士」に、28単位以上を取得すれば「二級衣料管理士」になることができます。

この際にひとつ注意しなければいけないのは、認定大学によって、カリキュラムや講師、演習室の面積、機械器具の整備状況に応じて取得できる階級が違うということです。

たとえば、「日本女子大学(被服学科)」「東京家政大学(服飾美術学科)」「共立女子大学(被服学科)」は一級衣料管理士の養成大学として認定されており、「聖徳大学短期大学部(総合文化学科)」や「九州女子大学(人間生活学科)」は二級衣料管理士の養成大学として認定されています。

一級と二級は勉強する範囲としては同じですが、深度に違いがあるとされています。

日本衣料協協会のホームページに認定大学の一覧があるので、どちらの資格の取得をめざすかを考えた上で進学先を決めるとよいでしょう。