鉄道会社にはどんな職種がある?

運輸系の職種

運転士

運転士は列車をダイヤ通りに、安全に運転するのが職務です。

多くの利用者を乗せた車両を動かすには大きな責任と冷静な判断力が求められます。

天候や乗車人数によってブレーキや加速の加減が変わるため、その時々の状況に合わせた運転技術も求められます。

電車運転士の仕事

車掌

車掌は利用者が安全に、快適に利用できるようにするのが職務です。

車内放送による到着駅の案内や車内温度の管理、到着・発車の際は列車に人が接触しないよう安全確認などを行います。

万が一の際は非常ブレーキを迷いなくかける判断力も必要です。

車掌の仕事

駅職員

改札業務やホーム業務などを担当します。

改札業務ではきっぷの確認や精算、乗り換え案内などを行い、ホーム業務ではホームの安全確保や出発合図を送るなど、列車運行に欠かせない業務を行います。

利用者と最も接するため、会社の顔としての自覚を持ち、身だしなみなどにも気を付ける必要があります。

運用系の職種

運行管理

運行管理は、列車の状況をリアルタイムで把握し、適宜指示を送るのが職務です。

安全を最優先に考えた管理が必要で、事故や災害などでトラブルが生じれば迅速かつ正確に各列車に指令を出さなければいけません。

各部門や他社と連携することで一刻も早く正常ダイヤに戻すことが求めらます。

輸送計画

列車運用のカギとなるダイヤ策定をになう職種です。

安全・快適に利用してもらうのはもちろん、安全を確保しつつ効率よく列車を運行させるのもポイントです。

車両性能や地上設備など、さまざまな条件を考慮して検討を重ねる必要があります。

車両開発

新車両の開発や車両改良が仕事です。

新車両開発ではコンセプトを考えメーカーと協力して設計し製造を行うほか、バリアフリー化など時代に応じて既存車両の改善も行います。

利用者が快適に乗車できるだけでなく、安全に利用してもらうために欠かせない職種です。

整備系の職種

車両メンテナンス

車両メンテナンスはその名の通り、車両の検査を行います。

消耗部品の点検・交換からエンジンなどの主要な部分まで検査項目も範囲もさまざまですが、共通しているのは高い専門知識と技術力、そして経験が求められる点です。

毎日乗客を乗せて走る車両の点検は安全に直結するため責任は大きいです。

土木・電気設備

線路や土木、機械設備などの維持管理を担う職種です。

線路の整備は列車の安全を確保するのはもちろん、乗り心地も左右するといわれています。

土木業務ではトンネルや橋といった構造物のメンテナンスを行い、列車の走行を支えています。

電気設備の業務は主に2種類です。

列車制御システムや情報通信といった列車の運行に関わる電気設備を担当する業務と、券売機や改札機、空調などの機械設備を担当する業務があります。

土木・電気設備系の職種は列車運行の縁の下を支える重要な使命を持っています。

事務系の職種

不動産開発をはじめとした鉄道以外の業務を担当する事業開発職、自社の利用促進や旅行会社・自治体への売り込み、キャンペーン企画の立案などを担当する営業職もあります。

そのほか、経営企画や広報、総務や財務など、一般的な事務職も当然あります。