数学者になるための学校、学歴

博士課程に進む

大学院に進学することは必須です。

数学研究科に進学するために学部は理学部数学科を選ぶとよいでしょう。

高校では理系を選択しておくのが一般的です。

王道は前述のとおりですが、必ずこうでなければ進路が閉ざされるわけではありません。

その気になれば、どのような進路からでも目指すことは可能ですが数学の専門家を目指す以上、理系であることは必須です。

はやいうちから算数、数学が「かなり得意」と言えないと難しいでしょう。

教員免許はあって損なし

大学では教職課程を履修し、教員免許を取得するとよいでしょう。

というのも数学者の多くは教育機関に籍を置いています。

その場合、研究をライフワークにしながら生徒や学生の指導にもあたらなければなりません。

数学者に必須、というわけではありませんが生計を立てるにあたり、必要になることも予想されます。

中高数学一種免許を取得するのが一般的です。なお、大学院を修了すると専修免許が付与されます。

専攻の決定は慎重に

数学は各専門分野が高度に発展している学問です。同じ数学であっても途中で専門を変えることは極めて難しいものである場合が多いことを理解して下さい。

また、分野によっては研究が困難であるものもあります。

単純に難問が多かったり、分野自体の理解に時間を要するものなどは研究が円滑に進まず、結果を残しづらい場合があります。

また、ほとんど体系が完成しつつあり、些末な問題しか解くものがないという場合も然りです。

もちろん、可能性はゼロではないので挑戦する価値がないとは言い切れませんが、研究に困難を極めるであろうことは覚悟しておく必要があるでしょう。

自身の専門分野がこういったケースに該当している場合、研究の場を得ることはもちろん、実績を作っていくことも苦労することになるでしょう。

また数学において中途で専門を変更することは容易ではないことも留意しておいて下さい。

目指した時から数学者の自覚を

学生時代から、研究は始まっています。

とにかく先人の偉大な功績に数多く触れ、自分のものとして定着させる努力を重ねましょう。

もちろん自身の研究テーマを定め、深化させられればこれに越したことはありません。

学生時代に実績を残すことは数学者への第一歩であるといえるでしょう。

また博士課程の修了には論文の提出が必須です。

これを基にその後の研究が進められるのが理想かもしれません。