スーパーバイザーの社内での位置づけ、役割

チェーンビジネスでの位置づけ

コンビニや飲食店など「チェーン店」といわれる店舗をたくさん持つ会社では、本部が全店舗をつねに管理することは極めて難しいのが実情です。

スーパーバイザーは、そんな本部と店舗の間に立ち、橋渡しをする役割を担います。

一般に、スーパーバイザーは複数の担当店舗を持ち、本部からの伝達事項(セール情報、イベント施策など)を担当店舗に伝えていきます。

また、各店舗の経営状況を見て、もし売上が伸びていなかったらその理由を考え、売り場づくりや商品構成、スタッフ教育などのあらゆる面から、現状を改善するための提案を行います。

それによって、担当店舗の売上や利益をアップさせることに貢献するのが、スーパーバイザーの重要な役割です。

店舗のトップである店長にとって、現場の課題をすぐに伝えることができるスーパーバイザーは頼もしい存在になります。

また、現場の生の声を本部に届け、会社をよりよくしていくためのパイプになることができるのもスーパーバイザーという存在です。

「5C+1P」について

スーパーバイザーの役割を考えていくとき、よく使われるのが「5C+1P」という言葉です。

一般の人には馴染みがない言葉ですが、これは以下のことを示しています。

Communication(コミュニケーション)

本部の意思、方針などの情報の伝達を行います。

Consultation(コンサルテーション)

顧客接点に対する経営に関する相談や指導を行います。

Counseling(カウンセリング)

店長やオーナーなどの相談に応じます。

Cordination(コーディネーション)

チェーン本部とFC加盟店間の調整を行います。

Contorol(コントロール)

本部の規定等を遵守させるためのチェックを行います。

Promotion(プロモーション)

販売促進に関するキャンペーンなどの実施状況のチェックと支援を行います。

コールセンターでの位置づけ

コールセンターにも、スーパーバイザーと呼ばれる人たちが活躍しています。

そこでの役割は小売業とは少々異なり、オペレーターに対する指導や管理業務が中心となります。

また、顧客(消費者)からのクレームにスーパーバイザー自らが対応することもあります。

コールセンターでは多くのオペレーターが勤務しているため、スタッフの人員配置や仕事の振り方、労務管理などを行うのが、ここでのスーパーバイザーのおもな役割となります。

また、マネージャーなどコールセンター全体のマネジメント役を務める上司に対して担当チームの業務報告などを行うとともに、上からの伝達事項を現場に伝える役目も担います。

コールセンターを適切に機能させるために、スーパーバイザーが必要とされています。