スーパーバイザーの種類(組織・企業の種類による違い)

小売業のスーパーバイザー

コンビニを中心とする小売業は、スーパーバイザーの最も代表的な活躍の場のひとつです。

「エリアマネジャー」など別の名称で呼ばれることもありますが、ここでの基本的な役割は「店舗を管理・監督し、売上を作ること」です。

小売業の企業は多店舗展開するところも多いですが、スーパーバイザーは本部の方針に沿って、担当店舗に指導や教育を行い、成果を上げていくことが求められます。

とくにフランチャイズ店を担当する場合には、各加盟店のオーナーに対して経営ノウハウなどのアドバイスを行い、売上アップにつながるように貢献します。

この領域で活躍するスーパーバイザーの中心業務は店舗を巡回することであり、売上を左右する重要な役割を担っています。

コールセンターのスーパーバイザー

コールセンターのスーパーバイザーは、小売業のスーパーバイザーとは仕事内容が異なり、エンドユーザー(消費者)に電話で対応する「オペレーター」たちをまとめていく存在です。

具体的な業務内容としては、業務計画の立案やオペレーターへの業務割り振り、研修・教育、シフト作成や勤怠管理、また、クライアントを持っている場合にはクライアントへの報告や提案なども行います。

なお、コールセンターは大きく、問い合わせやクレームなどの電話を受ける「インバウンド」と、サービスの案内などでコールセンター側から電話をかける「アウトバウンド」があり、どちらのオペレーションに携わるのかによって、求められる役割も変わってきます。

福祉業界

福祉関連事業所などで働くスーパーバイザーもいます。

ここでのスーパーバイザーは、援助を実践する職員に対して指導・教育・評価を行い、質の高い援助が行えるように導いていく役割を担います。

福祉サービスや制度に関する幅広い専門知識を持つことはもちろん、ストレスがかかりやすいとされる援助実践者の精神的なケアも行うことが求められます。