スーパーバイザーの勤務時間・休日・残業

勤務時間

スーパーバイザーの勤務時間は、どのような会社で働くのかによっても変わってきます。

店舗巡回を行う場合

コンビニなど店舗巡回を中心に行うスーパーバイザーの場合、毎日の業務の中心は各店舗をまわることになるため、直行直帰が基本となります。

勤務時間は通常、朝から夕方くらいの間で定められていることが追いですが、フレックスタイム制が導入されている企業もあります。

また、店舗の事情によっては早朝や深夜に店に行き、状況をチェックすることもあります。

また、週に1日程度本部へ出勤して事務仕事を片付けたり、会議に出席して業務報告を行ったりします。

コールセンターの場合

コールセンターのスーパーバイザー場合は、コールセンター内での勤務が基本となるため、定められた勤務時間に沿って働くのが一般的です。

1日の労働時間は7時間半~8時間程度となりますが、24時間稼働するコールセンターであれば、深夜時間帯を含めた交代制勤務となります。

休日

スーパーバイザーの休日は、「週休2日制」が基本となっているものの、必ずしも土日に休めるとは限りません。

「土日休み」となっていても、週末に営業している店舗を担当すれば、その日を狙って巡回をしなくてはならないこともあります。

休日が平日の何曜日かに固定されている職場もあるようです。

また、コールセンターで365日稼働しているようなところは、平日を含めて交代で休みをとることになるでしょう。

残業は多い?

スーパーバイザーは、全体的に残業が多くなりがちといわれています。

接客スタッフの人手が足りていない店舗の場合、スーパーバイザーが通常業務に加えてヘルプで接客をするようなこともあり、かなり忙しく働くことになるようです。

担当する店舗の状況によっても忙しさが変わってくるため、一概に「残業が多い」とはいえませんが、たくさんの店舗を任されるようになると、それだけ責任も増え、多忙になりがちなようです。