女性のスーパーバイザー

女性でもスーパーバイザーとして活躍できる

コンビニやアパレル、コールセンターなどで働くスーパーバイザーは、女性も第一線でたくさん活躍しています。

ただし、スーパーバイザーは基本的に店舗やスタッフの「統括」を行うポジションであるため、なるにはある程度のキャリアが求められてきます。

こうしたことから、ひとつの会社でも、スーパーバイザーの女性社員比率は他職種に比較すると低い場合もあるようです。

この仕事ではリーダーシップやコミュニケーション能力が求められますが、さまざまな人とうまく人間関係を築き上げることができる人であれば、女性でも何ら問題なく活躍することができます。

さらなるキャリアアップを目指すことも

スーパーバイザーは、小売店の販売職やコールセンターのオペレーターといった経験を積んだ人がステップアップしてなることが多いため、スーパーバイザーになることによって年収アップが期待できます。

責任が増えるといった苦労もありますが、重要な役割を任されることに使命感を持ち、またきちんと評価してもらえることにやりがいを感じながら働いている女性スーパーバイザーも少なくありません。

女性の管理職を増やしたいと考える会社は増えているため、本人の意欲さえあればスーパーバイザーを経て、さらにキャリアアップすることも可能です。

女性にとって働きやすい環境の会社も

スーパーバイザーは「激務」といわれることもあり、女性の場合、結婚や出産をすると仕事を続けるのが難しくなるのではないかと不安になるかもしれません。

これについては、勤務先となる会社によって、だいぶ働きやすさが変わってくるといえるでしょう。

たとえば、産前休暇が法定の期間よりも長く設定されていたり、育児中は時短勤務制度を利用できたり、繁忙期でなければ有給を積極的に取ることができる会社もあります。

女性が結婚や出産を機に仕事を辞めなくてもよいような体制を整えている会社は増えてきています。

ただし、店舗を巡回するスーパーバイザーは普段の土日は出勤となることもあるため、その点は家族の理解も必要になってくるでしょう。