アパレルのスーパーバイザーの仕事

店舗運営のアドバイスや指導を行う

アパレル業界で活躍するスーパーバイザーの仕事は、複数の担当店舗を持ち、各店舗を巡回して店の状況を把握して問題点や改善点を洗い出すとともに、店舗の売上がアップするように指導や管理を行うことです。

具体的には、商品の売れ行き状況の確認や、商品の管理方法および陳列方法などに問題はないかのチェック、店長や販売スタッフの教育などを実施します。

また、本部(本社)から出されたディスプレイ変更やプッシュしたい商品などの伝達事項について、直接店舗に伝えます。

同時に、店舗が困っていることや悩んでいることがあればヒアリングしたうえで助言し、場合によっては本部へとその内容を伝えます。

本部と店舗の橋渡し役となる重要な役目を担うのがスーパーバイザーです。

アパレル業界のスーパーバイザーになるには

アパレル業界で活躍するスーパーバイザーは、アパレルショップを手掛ける会社の本部に所属することが大半です。

アパレル販売員は店舗勤務となりますが、スーパーバイザーは営業や総務などと同じく本社に勤務し、スーツを着用して店舗を回ることが多くなります。

スーパーバイザーは店長に指示を出す機会も多く、現場のことをきちんとわかっていなくてはなりません。

そのため、販売員として経験を積み、店長職を経験したベテラン社員が、その次のキャリアとしてスーパーバイザーになるのが一般的です。

また、本部にてバイヤーとして活躍していた人が、スーパーバイザーに配置転換となることもあります。

いずれにせよ、現場経験の浅い人がスーパーバイザーになることは難しいため、地道に販売員としてスキルを磨き、昇格を目指していく必要があるといえるでしょう。

会社によっては、昇格試験に合格することで、スーパーバイザーへの道が開けることもあります。

仕事のやりがいと苦労

アパレルのスーパーバイザーのやりがいは、自分が管理した店舗の売上の推移が目に見えてわかることです。

あまり売上が伸びていなかった店舗でも、自らの指導やアドバイスによって状況が改善し目標をクリアしたときは、店長と一緒になって喜ぶことができます。

また、店舗勤務のときには自店だけを見てればよかったのが、スーパーバイザーになって複数店舗をまとめる存在になると視野が広がり、会社の売上に貢献するという実感もより味わいやすくなります。

もちろん、大変なこともあります。

スーパーバイザーは本部と現場の間に立つため、両者の板挟みになって苦しむこともありますし、たくさんの店舗を担当するスーパーバイザーは日々忙しく動き回ることになります。