素材メーカー社員の志望動機、面接

素材業界について研究する

素材メーカーの志望動機を考える際には、まず素材業界についてよく研究しておくことが重要です。

ひとくちに素材メーカーといっても、会社によって鉄鋼、石油、ガラスなど取り扱う素材の種類が異なり、それによって仕事内容も変わってきます。

それぞれの業種がどのような現状で、どのような課題を抱え、可能性を持っているのかなど、よく理解しておくとよいでしょう。

企業が求める人材像を理解しておく

企業によって社風や事業内容は異なるため、各社がどのような人材を求めているのかを理解しておくことも重要です。

大手を中心に歴史ある企業が多いなかで、最近では激しい時代の変化に取り残されないようにするために、チャレンジ精神を持つ若手人材を求める傾向が強まっているようです。

また、素材メーカーでもグローバル展開が進んでおり、海外進出を行う企業でも挑戦に対する前向きな姿勢は強く求められてくるでしょう。

面接のポイント

素材メーカーは人気が高くなりがちで、なかには「何となく安定していそうだから」「待遇がよいから」といった理由で志望する学生もいます。

だからこそ、面接の場では「どうしても素材メーカーで働きたい」という、仕事に対する熱意を伝えることが必要といえます。

人気の高い素材メーカーでは書類選考が行われ、面接に進めるのは限られた人のみです。

面接では、自分の真剣な思いをわかりやすく、熱を持って伝えられるようにしたいものです。

そして、志望先企業の理念や方針、事業内容などもよく調べておき、数ある素材メーカーでも、その会社を志望する理由を明確にしておくことも重要です。

そうした点を志望動機などを通して伝えることができれば、面接官の印象はだいぶ良いものとなるでしょう。

また、素材メーカーでの仕事を把握したうえで、入社後にどのような仕事に挑戦していきたいかも語れるようにしておきましょう。