シンガーソングライターの種類

作詞作曲と歌を歌う人

一般的なシンガーソングライターは、作詞作曲を行い、さらに作った曲を自分で歌っています。

創作をし、CD制作をしての発表やライブ・コンサートでのパフォーマンスが主な活動となりますが、メジャーになればテレビ・雑誌などのメディア出演、イベント出演なども積極的に行っていくことになります。

一般的にシンガーソングライターという場合、さまざまな音楽のジャンルのなかでも大衆音楽(ポピュラーミュージック)の分野で活動する人のことを指しています。

なお、プロとアマチュアの境目についてはさまざまな意見が出されますが、メジャーレーベルにと契約を結ぶ人をプロと呼ぶことが多いようです。

一方、インディーズで自主的な活動をしているシンガーソングライターも少なくありません。

楽器も演奏する人

シンガーソングライターのなかには、ギターやピアノなど、楽器を演奏しながら歌を歌う人もたくさんいます。

作曲には楽器を用いるケースが多いことから、ひと通りの楽器は弾きこなせるだけのスキルを持つシンガーソングライターも珍しくないようです。

歌と楽器の両方を使いこなせるようになると、表現の幅が広がっていくでしょう。

楽曲を提供する人

自分でパフォーマンスをするばかりでなく、他のミュージシャン歌手に制作した楽曲を提供するシンガーソングライターもいます。

ここまでくるにはある程度の知名度が備わり、実力が認められるようになる必要がありますが、アーティストのプロデュースにまで携わっていくような人もいます。

その他の活動もする人

シンガーソングライターをきっかけに、役者や俳優タレントとしても活動の幅を広げていったり、音楽学校やスクールの講師を務めるような人もいます。

持っている音楽の知識や技術、人前でパフォーマンスするセンスなどを生かしながら、多方面で実力を発揮している人もいるようです。