シンガーソングライターのトレーニング、レッスン

独学でもシンガーソングライターにはなれる

シンガーソングライターになるために、決まりきったルートはありません。

もちろん、音楽の専門学校や民間の音楽スクール、あるいは音楽大学に通って、歌唱の技術や作詞作曲、音楽理論などについて基礎からしっかりと学ぶ人もいますが、完全に独学でスキルアップし、デビューすることも不可能ではないといえます。

しかし、シンガーソングライターには歌や演奏の技術、作詞作曲に関する幅広い知識やスキルが必要であるため、よほどの天才でもない限り、それなりの勉強やトレーニングをしなければ成功は難しいと考えておいたほうがよいでしょう。

そのため、実際には日常的にレッスンに通ったり、自主的にトレーニングを行って、継続的なスキルアップに励んでいる人が多いようです。

レッスンの内容は?

シンガーソングライター向けのレッスンは、ボイストレーニングや歌唱指導のほか、作詞、作曲、アレンジなど、幅広い内容となっています。

レッスンの形態は、個人レッスンや集団レッスンなどまちまちで、音楽スクールによっては「シンガーソングライターコース」を設けているところもあります。

そこでは歌を歌う技術を向上させるだけでなく、魅力的な楽曲を作るための知識やスキルの習得、さらにギターやピアノといった楽器演奏のスキルを身につけることも可能です。

講師の経歴などもまちまちであるため、自分の目的に合ったレッスンを選ぶとよいでしょう。

トレーニングの内容は?

シンガーソングライターとしての成功を目指す人は、アスリートと同様、日ごろから自主的なトレーニングを行っています。

代表的なトレーニングはボイストレーニングです。

プロとして通用する歌声をつくるために、正しい呼吸法、音域の拡大、発声方法の習得、声の響かせ方などを練習していきます。

これらは筋肉トレーニングのように、継続的にトレーニングすることで効果があるとされているため、自宅などでも毎日続けていくことが重要です。