シンガーソングライターの事務所・レコード会社

事務所とレコード会社の違い

シンガーソングライターをはじめ、一般に「プロ」として活動するミュージシャンや音楽アーティストは、「事務所(プロダクション)」と「レコード会社」それぞれと契約を結んで活動しています。

事務所とレコード会社は混同されることがありますが、まったく違う機能を果たします。

まず事務所は、シンガーソングライターが所属する会社のことをいいます。

シンガーソングライターは事務所に所属して「マネジメント契約」を結び、事務所にライブやコンサートのブッキングやCDのレコーディングをはじめ、さまざまな仕事のスケジュール調整やプロモーション、その他のサポート業務を行ってもらいながら活動していきます。

一方、レコード会社とは、レコーディングの専属契約を行ったうえでCDを発売します。

あくまでもCDの製造や流通、宣伝に関わる事業を手掛けるのがレコード会社であり、レコード会社は事務所のように、シンガーソングライターのマネジメントを行うわけではありません。

メジャーとインディーズ

一般には、レコード会社と契約を結び、CDをリリースするシンガーソングライターは「メジャー」といわれます。

それに対して、レコード会社と契約をせずに自主的にCDを制作して活動するシンガーソングライターは「インディーズ」と呼ばれています。

シンガーソングライターになるうえで、必ずしもメジャー契約を結ばなくてはならないわけではありません。

しかし、メジャーになるとレコード会社の力を借りて大々的に制作や宣伝を行うことができたり、さらに事務所に所属すれば多方面でサポートが受けられることもあって、多くのシンガーソングライターの卵たちは、メジャー契約を結ぶことを夢見て活動しています。

一方、メジャーになると事務所やレコード会社の方針に従わなくてはならない場面も出てくるため、あえてインディーズで自分の道を歩み続ける人もいます。