シンガーソングライターに必要なこと、求められるもの

歌唱力

シンガーソングライターは、自分で作った曲を歌うという点において、「歌手」の一種であるといえます。

いくら素晴らしい曲を生み出すことができても、歌はからっきしダメということでは、やはり多くの人々に受け入れられることは難しいものです。

シンガーソングライターとして成功したいのであれば、歌唱力を身につけることは必要不可欠であるといえるでしょう。

ボイストレーニングのレッスンに通ったり、自主的に発声練習や各種トレーニングを行ったりしながら、人に伝わる歌を歌えるようになるためのスキルアップが必要になってきます。

作詞や作曲のスキル

シンガーソングライターは、歌を歌えることに加えて、作詞と作曲のスキルも必要とされます。

ただ言葉を並べたり、自由に音を鳴らしたりするだけであれば誰にでもできますが、人の心をグッとつかむ「作品」として仕上げるためには、音楽理論などの知識も求められてきます。

いま、世の中ではやっている曲も、その中身を分析してみると、ものすごく考え抜かれて作られているものが多くあります。

曲作りのノウハウを身につけて向上させていくことも、シンガーソングライターにとっては必要なスキルだといえるでしょう。

楽器演奏の技術

シンガーソングライターのなかには、ピアノやギターといった楽器を弾きながら歌を歌う人も少なくありません。

そういったスタイルで活動していきたい場合には、楽器演奏の技術も磨いていく必要があります。

歌をより魅力的に聞かせるだけの演奏能力がつけば、表現の幅がさらに広がっていくでしょう。

パフォーマンスのスキル

シンガーソングライターは、舞台などで人前に立ってパフォーマンスする仕事です。

そこでは「魅せる」というスキルが必要になってきます。

なかにはもともと人を惹きつけるオーラをまとっている人もいますが、大半の人は、慣れないうちは本番で緊張して頭が真っ白になってしまうものです。

大勢の人の前でも自信を持ってパフォーマンスできるようなマインドコントロール術を身につけたり、場慣れしていく努力が求められてきます。