シンガーソングライターになるための学校・スクール・養成所

学校・スクールの種類

専門学校

シンガーソングライターになるための学校として、まず学校法人の音楽系専門学校が挙げられます。

2年制の学校が多くなっており、大手の専門学校になると複数の学科があり、そこからシンガーソングライター志望者向けのコースを選ぶことができます。

ボーカルトレーニングをはじめ、作詞や作曲の知識とノウハウ、楽器演奏の技術など、幅広くシンガーソングライターに必要なスキルを磨いていきます。

また、音楽系の専門学校にはシンガーソングライター志望者だけでなく、ギターやドラムなどの各楽器のプロミュージシャン、音響デザイン、作曲・アレンジなど、音楽業界のさまざまな方面で活躍することを目指す学生が集まるため、刺激を与え合いながら学ぶことができるでしょう。

専門学校によっては、学内に本格的なライブホールを持ち、ライブやコンサートなどパフォーマンスの場が多く用意されていたり、外部研修なども実施されるところがあります。

音楽スクール

民間の音楽スクールでも、シンガーソングライターになるための基礎知識や技術を身につけることが可能です。

「ボーカルスクール」と銘打っているスクールに通う人が多いようですが、作詞作曲やアレンジなど、幅広く楽曲作りのスキルを学ぶことができるスクールもあります。

講師とのマンツーマンの個人レッスンを受けることもでき、受講期間や通学頻度など、個々の目的や希望に応じたカリキュラムを選びやすいことが、音楽スクールの特徴といえるでしょう。

養成所

音楽プロダクションや芸能プロダクションのオーディションを受けて合格することで、プロダクション系列の養成所へ入学できることがあります。

ここでも専門学校やスクールに通うのと同様、レッスン代はかかりますが、実力があると認められることでプロダクションのサポートを受けながら活動しやすくなります。

学校やスクールには通うべき?

シンガーソングライターという職業は、絶対にこのルートをたどらなくてはなれないというものではありません。

学校やスクールに通わず完全に独学であっても、実力を磨き、センスが認められることによって、業界関係者にスカウトされてデビューといった可能性もゼロではありません。

しかし、多くのシンガーソングライター志望者がいるなかで、抜きんでた存在として認められるのは簡単なことではなく、もちろん歌唱や作詞作曲のスキルが一定以上でなければ活躍は難しいのが実情です。

そのため、多くの人はここで挙げてきたような学校・スクールに通い、スキルアップを目指しながら活動を続けています。