食品スーパーの就職、求人、採用の状況

学歴不問

食品スーパー社員を志すにあたり、学歴を気にする必要はほとんどありません。高卒以上であればほとんどの求人にエントリーすることができるでしょう。

大学進学率の上昇から昨今、高卒者の就職は狭き門となっていますがこの業界に関しては比較的結果を出しやすいといえます。

ただし、大卒者と比べると初任給が低いこともあります。出世のスピードや将来的に就ける役職などの面でハンデがある可能性が高いことも覚悟しておきましょう。

未経験者歓迎

これは主に転職者に関係することですが、全くの別業種から入社し、活躍している人が多いのもこの業界の特徴です。

経験よりもやる気や情熱に重きを置いて採用面接を実施している会社が大多数を占めるため、門戸が広いというメリットがあります。

経験者は即戦力

アルバイト経験が大きなアピールポイントになるのも特筆すべきでしょう。

食品スーパーの求人を見ると人と接するアルバイト経験を持っている人を歓迎としているところが多いことに気付くはずです。

また、飲食業界等で肉や魚の調理・加工の経験がある人は鮮魚や精肉の部門でかなり重宝されます。

年齢制限がある場合も

長期的な若手の育成に力を入れている会社の場合、採用する年齢の上限を定めているため注意が必要です。30~35歳を上限として設定する会社が散見されます。

転職を考えている人はなるべく早めの方が多くの選択肢を得られるでしょう。ただし、経験者の場合はこの限りではありません。

アルバイトから社員を目指そう

何年も働くベテランアルバイトが店を支えているというのは食品スーパーではよくある話です。

社員よりも仕事ができるという事例も少なくないのが正直なところです。

したがって働きぶりの良いアルバイトを社員登用したいというのは会社側としては当然のこととなります。食品スーパーではアルバイト出身の社員が多数活躍しています。