執事の勤務時間・休日

執事の勤務時間

お客さまの家庭で働く執事の勤務時間は、一般的な会社に勤める人のように明確に決められているわけではありません。

執事の場合、すべては、お客さまの要望に沿って働くことになるのです。

そのため、1日に数時間だけ出勤して仕事をすることもあれば、お客さまのご自宅に住み込み、24時間お客さまとほぼ付きっ切りという形で過ごすこともあるなど、場合によってさまざまです。

執事の休日

休日に関しても、お客さまの都合に合わせることになります。

少なくとも週に1日は休みがもらえるケースが多いようですが、案件によって異なるため一概にはいえません。

住み込みで働く場合も、寝る時間もないというわけではありません。

仕事の合間に自由時間が与えられますし、お客さまが就寝する夜中などは執事も自分の仕事を終えれば眠ることができます。

なお、ラグジュアリーホテルや高級マンションなどで執事として勤務する場合には、各企業が定める勤務時間、休日に沿って働くことになります。

執事の残業時間

基本的に、執事には会社勤めの場合のような残業の概念もありません。

ただし執事の仕事の特徴は、お客さまからの要望があれば、いつでもそれに応えなくてはならないという点です。

お客さま宅に常駐して働く場合、お客さまから特別な要望があれば、早朝や深夜に仕事をすることも珍しくありません。

また、海外に同行するなど不規則な生活パターンになることもありますし、平日より主人やそのご家族が休みとなる長期連休の時期などのほうが、忙しくなるケースも多々あります。

こうしたことから、執事はときには自らのプライベートを犠牲にしなくてはならないこともあります。

本当の意味でお客さまに尽くせる人でなければ、とても続かない仕事といえるでしょう。

執事は忙しい? 激務?

お客さまに合わせて働く

執事の仕事の忙しさは、お客さまの性格や仕事、スケジュールによるため自分で調整することができません。

仕事先のお客さまによって、非常に激務となることもあれば、ゆったりと余裕をもって仕事をすることもできるでしょう。

また、一日のルーティン以外に急な仕事を依頼されることもありますし、逆にお客様の都合で急に仕事がなくなってしまうこともあるなど、毎日が変化に富んでいるといえます。

重労働はあまりない

朝から晩まで仕事が続くため激務と考える人もいるかもしれませんが、仕事のひとつひとつはさほど重労働ではありません。

お客さまと信頼関係を築き、仕事に慣れてしまえばそれほど忙しいと感じることは少ないかもしれません。

執事の休日の過ごし方

執事の休日は、出勤せず自宅で過ごす場合と、住み込みでお客さまの部屋で過ごす場合があります。

自宅で過ごす場合は自由に過ごすことができますし、住み込みの場合でも休日には外出したり買い物をしたりすることができます。

また、お客さまが長期出張や旅行等で不在となる場合は長期の休みを取ることもでき、旅行に行ったり地元へ帰ったりすることもできます。

執事の1日のスケジュール・生活スタイル