診療放射線技師の求人・就職状況・就職先選びのポイント

診療放射線技師の就職先にはどんなところがある?

診療放射線技師の就職先は、主に病院をはじめとした医療機関です。

夜間の検査が増えてきていること、女性技師の需要が増えていることなどから、病院からの診療放射線技師の求人は増加傾向にあるようです。

診療放射線技師の国家資格の所持者であることはもちろん、「放射線取扱主任者(1級・2級)」の国家資格を所持していると、さらに就職はしやすいでしょう。

放射線取扱主任者、特に1級の国家資格は平均合格率20%前後の難関資格であり、放射線を安全に取り扱う責任者として大きな強みとなります。

中級以上の英語(読解、記述、会話)力があれば、画像診断機器の輸入・販売メーカーでの開発や営業販売業務に就くこともできます。

診療放射線技師の勤務先の種類と仕事内容の違い

診療放射線技師の求人の状況

高度な「チーム医療」が前提で進められる医療の現場では、診療放射線技師の役割はますます高まっています。

その証拠に、長年横ばいであった求人数が、ここ数年で右肩上がりに増加しているという報告もあるほどです。

医師看護師が検査のすべてを担当していた時代は終わり、医療技術が進むにつれ、これからますます医療の専門化や細分化が進んでいくことが予想されます。

診療放射線技師が扱う医療機器も急速に発達しているため、確かな知識とスキルを持った技師を求める声がさらに高まっているほか、高齢化社会が進展するなか、病院で治療を受ける患者数もこれまで以上の増加が予測されています。

このような背景から、診療放射線技師の需要は今後も高まっていくことでしょう。

診療放射線技師の就職先の選び方

就職率ということで考えれば、病院や検査施設においての求人は安定して見られるため、条件を選ばなければ、どこにも行くところがないという状況にはあまり陥らないようです。

ただし、診療放射線技師の場合も他の医療職と同様、給与や待遇面が高水準となりやすい大きな病院や企業に応募が殺到する傾向があるため、新卒で就職活動が厳しかったと感じる学生は多いかもしれません。

もちろん、大きく有名な病院への就職は在学中の成績が求められますし、就職対策もしっかりしなければならないでしょう。

優秀な学生がこぞって集まるなか、何十倍という高い倍率を勝ち抜かなければなりません。

しかし、大手病院や施設にこだわらなければ、そこまで高い倍率になることはあまりなく、大学卒や専門学校卒といった学歴の違いも就職にはあまり影響しないといわれています。

なかには、診療放射線技師免許さえ持っていれば、実務経験がなくても中途の人材を採用する病院もあります。

就職活動では病院の規模や知名度を重視したくなるかもしれませんが、その場で自分らしく働ける条件であるかどうかを重視していけば、募集の数自体は多いため、それほど心配しなくても就職することはさほど難しくないでしょう。

診療放射線技師の志望動機・面接

レントゲンを撮影してくれる人がいるのは知っていても、その人たちが「診療放射線技師」という職種で、国家資格であるということは、必ずしもよく知られたことではありません。

自分や身の回りの人が怪我をして、エックス線撮影などを行う専門の人がいるのを初めて知ったという人も、よく見受けられます。

面接では「どうして診療放射線技師なのか」「どうしてこの病院(医療機関)なのか」がメインの質問となるため、しっかりと自分なりの答えを用意しておく必要があります。

診療放射線技師の志望動機と例文・面接で気をつけるべきことは?

就職先はどのように探したらいい?

就職先を見つける際には、病院や医療機関の求人を探します。

専門学校や大学に通っている場合は、学校があっせんしてくれる場合もありますし、学校にも求人が多く届くため、求人を見つけることにそれほど心配することはありません。

また、診療放射線技師の求人は医療系の求人サイトやハローワークなどでも見つけることができます。