心理カウンセラーが独立・開業するには?

経験を積んでからの独立が賢明

心理カウンセラーは、学校、企業、病院などさまざまな場所で活躍していますが、なかにはどこの職場にも属さず、独立開業して働く人もいます。

ただし、独立して事業を軌道に乗せることは決して簡単ではありません。

カウンセリングスキルはもちろんのこと、クライアントを見つけるためには集客が必要になりますし、事務所の経営をするマネジメント能力も必要になってきます。

どこかの組織に属していれば、周囲のスタッフと協力したりベテランの心理カウンセラーにすぐ相談することもできますが、個人で開業するとなれば、すべてを自分で考えていかなくてはなりません。

ですから、経験の浅い心理カウンセラーがいきなり独立して成功するのはとても難しいことだといえます。

まずはどこかの組織に所属して、確かな実力と自身、そして人脈を作るところからスタートするほうが賢明でしょう。

独立・開業に必要な資格やスキルは?

心理カウンセラーとして開業するうえで、絶対に必要とされる資格などはありません。

実力さえあれば、誰でもカウンセリングを行うことはできますが、それでもクライアント側からすれば、「本当にこのカウンセラーは信用できるのだろうか?」という不安を抱くものです。

そこで、独立開業する時点では、何らかの心理系資格をとっておくほうがよいでしょう。

とくに「公認心理師」や「臨床心理士」をはじめ、「産業カウンセラー」や「認定カウンセラー」など、業界内外でそれなりに知名度の高い資格を持っていれば、自らのスキルを示すことができます。

加えて、心理カウンセラーとしての経歴や得意分野などもなどもできるだけ公開しておくほうが、クライアントとしては安心できるでしょう。

独立のスタイルは人それぞれ異なりますが、クライアントありきの仕事ですから、信用・信頼してもらうことを第一に考えていくべきです。

実際に開業している先輩心理カウンセラーとつながりを持っておけば、いざ困ったときにアドバイスもしてもらえるでしょう。

独立・開業した心理カウンセラーの働き方

心理カウンセラーの独立・開業といっても、具体的な働き方は人によって異なります。

よくあるのは、ホームページやSNSなどを立ち上げ、そこから集客し、クライアントの相談にのるというケースです。

自宅の一部をカウンセリングルームにして、あるいはレンタル会議室などを利用して、クライアントとの対面でのカウンセリングをメインで行う人もいれば、メールや電話でのカウンセリングを中心にやっていく人もいます。

このほか、ある程度の実績を積むと心理学に関する講演やセミナーをしたり、カウンセリングスクールを開いて新たな心理カウンセラーを育てていくような人もいます。

独立・開業すると、特定の組織での仕事だけにとらわれない分、さまざまな仕事に挑戦することができます。