独学で心理カウンセラーになれる?

心理カウンセラーを独学で目指す人はいる?

心理カウンセラーになるために、必ず通うべき学校や、取得しなくてはならない資格はありません。

誰でも「心理カウンセラー」と名乗ることは自由ですし、専門的な勉強をしていても、していなくても、心理カウンセラーとして働き始めることは不可能ではないです。

しかし、現実的に考えると、心理学の基礎知識やカウンセリング技術を身につけずに、心理カウンセラーとして働くのは難しいといえるでしょう。

心理カウンセラーになるための勉強としてはさまざまな方法が挙げられますが、代表的なのが、資格取得を目指して学んでいくことです。

心理カウンセラーの資格はたくさんあり、その大半が民間団体が認定するものとなっています。

難易度や勉強内容などはそれぞれ異なりますが、なかには独学で十分に取得可能なものもあります。

独学のメリット

独学で学ぶ場合のメリットは、自分のペースで勉強がしやすく、さらに学校・スクールに通うよりもずっと費用を安く抑えられるところだといえるでしょう。

大学の心理学部などで学べば、卒業までに400万円以上かかることはざらにありますし、大学院まで進めばさらに多くのお金が必要となります。

しかし、独学ではその10分の1以下の費用で勉強することも可能で、とにかくお金をかける余裕がない人にはメリットが大きく感じられるでしょう。

また、決まった時間に学校・スクールに通うのが難しい人でも、心理カウンセラーになるための基礎的な勉強をすることができます。

独学の方法としては市販の専門書を使ってもいいですし、通信教育を利用したり、心理学関連の団体が主催する講習会やワークショップに参加してみたりするのもおすすめです。

独学のデメリット

心理カウンセラーの資格は、独学でもさほど苦労せずに取得できるものもあります。

ただし、その資格が仕事をするうえで必ずしも確かに評価されたり、役立ったりするとは限りません。

簡単に取得できる資格は、せっかく取ってもそこまでプラスに評価されない場合もあります。

一方、独学での取得が不可能で、大学などで心理学を専門に学ぶ必要がある「臨床心理士」や「公認心理師」の資格は、やはり現場でも評価されやすく、就職・転職の際にも、これらの有資格者が優遇されるケースが多いようです。

心理カウンセラーとして本気で生きていきたい気持ちがあり、専門性を高めていきたい気持ちがあるのなら、時間やお金がかかっても、難しい資格取得を目指して勉強することを考えたほうがよいかもしれません。

独学に向いているのはどんな人?

独学は手軽ですが、誰にでも向いている学び方とは言えません。

ゼロの状態から本気で心理カウンセラーを目指そうとすると、独学だけではどうしても学びが浅くなってしまい、体系的に学べないまま終わってしまう可能性があります。

しかし、すでに心理学の基礎的な知識を持っていたり、医療や福祉などの現場で働いていた経験があるような人であれば、独学でも不安なく学べるかもしれません。

また、心理カウンセラーとはどのようなものか、まずは触れてみたいという人であれば、手軽な独学はピッタリといえるでしょう。

ひとことで心理カウンセラーといっても、人によってどの程度の知識・スキルを持っているかは異なりますし、専門分野や得意分野もさまざまです。

自分がどのような心理カウンセラーになりたいのかをよく考えて、独学にするのか、それとも大学などに通うのかを決めるとよいでしょう。