歯科助手が気をつけるべき感染症対策と歯の健康



歯科助手は感染症対策が大切

感染症対策を徹底する

医療機関で働く人に共通して言える大切なことは「感染症対策の徹底」です。

新聞やニュースでも注射針の使い回しなどの問題がよく取り上げられていますが、歯科医療においても麻酔を使う時に注射は欠かせないものとなっています。

麻酔注射に使う注射針には、患者さんの血液がつきます。

その針を誤って触ってしまう、間違って指に突き刺してしまうなど、注射針の取り扱いを間違えると、患者さんがB型肝炎やHIVなどの病気に罹っている場合、血液を介して自分が病気に感染してしまう可能性もあります。

また、自分だけでなく、職場のスタッフや他の患者さんにも感染症のリスクが出てくるので十分な注意が必要です。

患者さん自身が自分の罹っている感染症を把握していて、自己申告してくれる場合はいいのですが、患者さん自身が把握できていない場合や、病気を隠して診察に来られる可能性も否定できません。

こういうケースにも対応できるように、すべの患者さんに対して、感染症対策を徹底しておくことが必要になります。

肝炎などの感染症の患者さんが顧客の場合は、カルテを見たらすぐにわかるようにしておき、来られた際にはいつも以上に気を引き締めて対応するようにしましょう。

麻酔注射だけではなく、歯を削ったり、歯のクリーニングをおこなったりする際にも歯茎から多少の出血があるので、決して油断できません。

治療器具の滅菌、スタッフの医療用手袋の準備はもちろん怠らないようにしましょう。

勤める前から感染症対策を

歯科助手といえども、医療現場で働くスタッフの一員です。

医療従事者の場合は、学生時代にB型肝炎の予防接種を受けています。

つまり、歯科医師歯科衛生士もB型肝炎の予防接種を受けているわけです。

歯科助手は特別な資格が要らず、感染症の知識も少ないため、予防接種があることすら知らない人も多いです。

予防接種で100%予防できるとは限りませんが、なるべくなら予防処置をしておく方が安心です。

仕事をはじめる前から自分でできる感染症対策はしておいて損はありません。

歯科助手と歯の健康

歯科助手だからこそ虫歯に気をつけよう

歯科医院は患者さんの歯の健康状態を改善・維持するための場所です。

虫歯の治療だけでなく、患者さんに歯磨きを指導したり、歯のクリーニングをして歯の健康維持のためのアドバイスをしたりするところでもあります。

そんな立場にある歯科医院で働く歯科助手が虫歯だらけだと、その歯科医院の信頼性が失われてしまいかねません。

ですから、「歯科医師」「歯科衛生士」「歯科助手」など、歯科医院で働くスタッフは普段から自分の歯の健康にも気遣う必要があります。

普通の人は、歯磨きを朝晩2回しかしていない人も多いかもしれません。

しかし、歯科助手は、昼食後にも必ず歯磨きをし、午後の診療に備えます。

歯科助手は、患者さんの口に直接触れ、歯磨き指導をするわけではありませんが、歯科医院で働くスタッフの一員として、食事のたびに正しい歯磨き方法で、自分の歯の健康を守ることが大切です。

歯科助手を目指すなら虫歯ゼロが理想

歯科助手を目指すなら、求人に応募する前から自分の歯の状態をよく知り、必要であれば適切な治療をスタートしておくべきです。

歯科助手として治療のアシスタントをするときには、マスクをしていますので、歯科助手が虫歯だらけでも採否に影響しないという考えをもつ歯科医院もあります。

ですが、一般的な歯科医院の歯科医師は、歯科助手の採用面接で、応募者の歯の状態をひそかにチェックしています。

面接では口を大きく開けさせられるというようなことはありませんが、会話の中で自然に見える程度の口元のケアはきちんとしておくべきです。

虫歯の状況によっては面接までに治療が完了していない場合もあると思いますが、「もう何年も歯科医院に行っていない」「虫歯だらけで治療もしていない」というような人は、ぜひ歯科助手の面接前には歯の定期検診を受けておきましょう。