歯科医師の研修

歯科医師の研修とは?

国家試験合格後に研修を受ける必要がある

2006年の改正歯科医師法によって、歯科医師になるためには歯科医師国家試験に通った後、1年以上の臨床研修を受けることが必要になりました。

1年間の研修は、最初の半年を大学の付属病院で行い、残りの半年を提携の歯科医院で行います。

大学病院では実際に指導医の横に立ち、治療の方法やカルテの書き方、患者さんのカウンセリング、実際の治療などを学びます。

治療に関しては最初は補助的な作業が多いものの、技術が伴ってくれば次第に治療全般を任せてもらえます。

研修期間は非常に忙しく、実際の研修の他に夜遅くまで残って模型を使った治療の練習など、歯科医師として実際に社会に出ても遜色ない技術を習得するための努力が求められます。

よい指導医にあたるとは限らない

研修医を受ける指導医がよい先生だとは限りません。

厳しい先生や指導がわかりにくい先生など、さまざまな人がいます。しかし、どんな先生でも学べることがあります。

たとえ怒られてばかりの環境であっても、それに腐らずに謙虚に指導を受ける気持ちが必要です。

とくに、歯科医院での臨床研修では、大学病院とは違った意味での治療方法、院長の方針に出くわすことになるでしょう。

ときには今まで習ってきたことと違うことを学ぶ場合もあります。

いずれにしろ、歯科医師として開業している人から学べることは数多くあります。

この研修で学ぶことは、実際に自分が歯科医院に就職するときに役立つことが多いので、非常に有益な時間になります。

研修医といっても歯科医師に変わりはない

いくら「研修医」とはいっても、それは医師側の事情です。

患者さんから見れば、治療にあたる以上「歯科医師」に変わりはありません。

そのため、研修医であってもある程度の技術が求められますし、当然ながら、いい加減な気持ちで治療にあたることはできません。

臨床研修をする際には、研修医である以前に一人の歯科医師であることを心に止めて現場に立つことが何よりも大事です。