社会保険労務士試験のための学校(予備校・通信講座)

通学型と通信講座型

社会保険労務士の試験対策をしているスクールは、大きく「通学型」と「通信講座型」の2つの種類に分けることができます。

このうち、働きながら試験合格を目指す社会人や、地方在住の人には「通信講座型」が人気です。

ここでは、通学型と通信講座型のそれぞれの特徴や、メリット・デメリットについて見ていきましょう。

社会保険労務士になるには

通学型のスクールについて

通学型スクールの講習期間は平均的に数ヶ月~1年程度で、学費は15万円~20万円程度に設定している場合が多いようです。

通学型のメリットとしては、講座を受けるなかで疑問に思ったことやわからないことを直接講師に聞けることや、決まったペースでカリキュラムが進んでいくため学習ペースを維持しやすいことが挙げられます。

もうひとつ、同じ目標を持って勉強に励む仲間ができるため、国家試験までのモチベーションを保ちやすいという利点もあるでしょう。

デメリットとしては、通信教育に比べて費用が高くかかることと、通学型のスクールは都市部に集中しているため地方在住の人は通いにくいことが挙げられます。

また、働きながら資格取得を目指す社会人にとっては、スクールに通学する時間や労力が大きな負担になってしまう可能性もあるでしょう。

以上のことから、通学型スクールは「金銭的な余裕がある人」「スクールに実際に通学する時間のある人」に向いているスタイルだと考えられます。

通信講座型のスクールについて

通信講座型スクールの講習期間も数ヶ月~1年程度に設定されていることが多く、学費は5万円~15万円程度と各スクールによっても幅があります。

一般的には通学型スクールに比べて学費は安い傾向にあるため、金銭的な理由から通信講座を選ぶ人も少なくありません。

通信講座型スクールの教材は、教科書のような紙のテキストをベースにしたものと、DVDのような動画をベースにしたものの2つに分けられます。

最近ではパソコンやネット環境の普及により、動画で学習する人が増えています。

通信講座型のメリットとしては、通学型とは違って自分のペースで勉強ができることが挙げられます。

わからないことがあれば、その場で学習を止めて納得がいくまで調べることができるため、「自分の苦手な単元だけを重点的に学習する」という進め方も可能です。

また、地方在住の人や仕事をしている人にも通信講座は重宝されています。

自分の好きな場所で、仕事の隙間時間などを使って勉強ができるため、自由に学習できるという点でも大きなメリットがあるでしょう。

デメリットとしては、自分で緊張感を保って学習を続けなければ気が抜けてしまいやすいことが挙げられます。

点数が落ちたときに励ましてくれる講師や仲間がいないため、あくまで自分自身でモチベーションをコントロールしながら合格を目指す必要があります。

以上の内容を踏まえると、通信講座型スクールは「学費を抑えたい人」「自分のペースで学習することが得意な人」に向いているスタイルだといえるでしょう。