社長の社内での位置づけ、役割

社長」は各会社が独自に定める呼称

社長とは一般に会社のトップとして、さまざまな意思決定や、会社の方針および戦略の策定などに携わる役目を担う人のことをいいます。

ただし、「社長」という肩書きは法的に定められたものではなく、あくまでも各会社が職務内容やポジションを示す際に使用する呼称のひとつとなっています。

会社によっては「社長」ではなく、「CEO」や「マネージャー」といった呼称の役職に就く人がトップを務めていることもあります。

「代表取締役」か「取締役」か

法的に定められている肩書きとしては「取締役」と「代表取締役」があります。

取引先との契約締結や、銀行などとの対外的な交渉や意思決定ができるのは代表権を持つ取締役、つまり「代表取締役」であり、一般的に対外的な契約関係などにおいての意思決定は「代表取締役」が、社内における意思決定は「社長」が行うことが多いです。

多くの場合、会社経営を円滑に進めるため社長が代表取締役も務め、「代表取締役社長」という肩書きが使われています。

しかし、会社によっては「代表取締役会長」がおり、社長は代表権を持たない「取締役社長」という役職がついているなどの場合もあります。

なお、代表取締役は、ひとつの会社に複数人置くことも可能です。

従業員が働きやすい組織づくり

先に述べてきた通り、代表取締役社長と、そうでない社長とでは役割が多少異なりますが、大きな意味でとらえた「社長」の役割は、事業を永続的に安定させ、会社を発展させるために、さまざまなビジネスを考えたり会社のしくみを整えたりすることです。

社長は、従業員のように自分の担当業務を確実に遂行するのではなく、会社の方向性を考えたうえでつねに新しいことを生み出していき、厳しい競争のなかでも継続的に利益を出せるような事業を形にしなくてはなりません。

そのために、従業員が安心して長く働き続けられる会社づくりや、外部へ自社の考えをわかりやすく示していくことなども重要な役目となっています。