整体とマッサージの違い

整体師を志す人や整体師として働く人のなかには、整体とマッサージとの違いに関心を寄せる人もいるでしょう。

この記事では、整体とマッサージを比較しながら、その仕事内容や資格の違いなどを紹介します。

施術方法の違い

整体もマッサージも体の痛みや不調を改善して癒すという目的は同じすが、どのような方法で改善し癒していくかというアプローチ方法に違いがあります。

整体の施術方法

整体は、骨盤とその骨盤の上にある背骨の歪みやずれが不調の原因であるという考えに基づいた施術法です。

整体では主に骨盤や骨のずれを矯正し、筋肉のコリや疲労をほぐすというアプローチ方法をとります。

マッサージの施術方法

一方、マッサージは筋肉の表面を揉みほぐすことで縮んで硬くなった筋肉やそれに伴う血管や神経の圧迫を改善し、血の巡りをよくして体のコリや疲労を取り除くアプローチ方法です。

資格の違い

整体の資格

整体の施術には、国家資格など特別な資格は必要ありません

整体院で働きながら経験を積んで一人前の整体師になる人もいれば、整体師の養成学校で学んでから民間資格を取得する人もいます。

整体は骨にアプローチし、症状を根本的に改善していくためリラクゼーションマッサージよりも症状の緩和が期待されます。

ただし、法的にはリラクゼーションマッサージと同じく、癒し効果を目的としたサロンという位置づけになります。

マッサージの資格

マッサージは、国家資格であるあん摩マッサージ指圧師の資格を持つ人だけが施術可能です。

マッサージとよく混同されるのがリラクゼーションマッサージ、リンパトリートメントです。

これらの名称でマッサージの類似行為を行っているところもありますが、厳密には国家資格で認められたマッサージではなく、エステなどと同じく癒し効果を目的としたリラクゼーションサービスに分類されます。

保険適用に関する違い

整体は保険適用外

整体院で行う整体は医療行為ではないため、どんな施術であっても保険適用はできず全額自己負担となります。

そのため、費用がかさみやすいというデメリットがあります。

マッサージは保険適用の対象

あん摩マッサージ指圧師が開院しているマッサージ院では、医師による定期的な同意と適切な治療目的(筋麻痺、関節拘縮など)という一定の要件を満たせば健康保険の適用が認められます

ただし、単なるリラクゼーションや疲労回復目的では、保険の適用は認められません

病院との連携

整体は医療行為にみなされない

整体は医療行為には分類されないため、病院と連携することは原則ありません

これに伴い、問診や触診、所見の告知を行うことができないなどさまざまな制限があります。

マッサージは医療行為に含まれる

あん摩マッサージ指圧師の行うマッサージは医療行為に含まれます。

この場合のマッサージは、あん摩マッサージ指圧師と医師だけが行える施術です。

マッサージは医師の行う治療に準ずる位置づけであり、必要に応じて病院と連携をとりながらより効果の高い治療を目指します。

病院側も医療上マッサージが必要な症例として、筋麻痺や関節拘縮の患者にマッサージの施術を受けることを推奨しています。

また、あん摩マッサージ指圧師の資格があれば、病院のリハビリテーション室で働くことも可能です。

整体とマッサージの違いのまとめ

整体では骨盤や骨のズレにアプローチすることでコリや疲労を改善しますが、マッサージでは筋肉の表面をほぐすことで血の巡りをよくしてコリや疲労を改善します。

整体師になるための資格はなく、一方でマッサージ師になるには国家資格であるあん摩マッサージ指圧師の取得が必須です。

資格の有無は保険にも関わり、整体では保険適用されず全額自己負担ですが、マッサージでは一定の要件を満たすことで保険適用が認められます。