精神保健福祉士の就職先の種類と仕事内容の違い

精神保健福祉士の勤務先の種類

精神保健福祉士にはさまざまな勤務先がありますが、おおまかには、医療施設、福祉施設、行政施設、その他の4種類に大別することができます。

医療施設には、精神病院や精神科をもつ総合病院、精神科クリニック、およびそれに付随するデイケアセンターなどがあり、精神保健福祉士の勤務先として最も一般的です。

福祉施設は、就労継続支援事業所や地域活動支援センターなどが代表的であり、精神障がい者に対する生活支援や就労支援を手掛ける福祉サービス事業所がおもな就職先です。

行政施設は、市役所や区役所、保健所などが挙げられ、精神保健福祉士の資格を生かしながら、地方公務員として働きます。

その他の施設には、グループホームやケアホームといった高齢者施設、保護観察所や少年院、刑務所といった司法施設、職業訓練施設などがあります。

さらに、小学校や中学校でスクールソーシャルワーカーとして勤める人や、一般企業で従業員のメンタルヘルスケアを行う人など、精神障がい領域に留まらず、一般人を対象に広く心のケアを手掛ける人もいます。

精神保健福祉士の仕事内容

医療施設で働く精神保健福祉士

病院などで働く精神保健福祉士は、施設内にある「生活相談室」や「医療相談室」、「地域連携室」といった名称の部屋を拠点とするケースが一般的です。

入院患者や外来患者、およびその家族からの相談に乗ったり、医師看護師などの医療スタッフに対して、精神福祉の観点からアドバイスを行ったり、さまざまな情報を提供したりします。

ある程度大きな病院では、病棟専任、外来専任、デイケア専任など、複数の精神保健福祉士が担当業務を分担するところも少なくありません。

かつては、精神保健福祉士の仕事というと、院内で完結する「内向き」の仕事が大半でしたが、近年は地域社会全体で精神障がい者を支援することが重要視されており、外に出ていく仕事も増えています。

保健所や障がい者向けの作業所など、地域の施設とのネットワークを強化して、患者が退院後にスムーズに社会で生活していける環境づくりをすることも、医療施設で働く精神保健福祉士の大事な役割となっています。

なお、医療施設では、精神保健福祉士の入れ替わりがかなり少なく、またあっても後任が既に紹介で決まっていることも多いため、求人数は限定的です。

福祉施設で働く精神保健福祉士

福祉施設で働く精神保健福祉士の仕事内容は、その事業所の目的によって若干異なります。

生活支援を目的とした事業所では、入院・入所する施設について、本人や家族からの相談に応じたり、それぞれにかかる入院費や生活費の公的支援制度を案内したり、退院後の住まいを紹介したりします。

また、会話の訓練をしてコミュニケーション能力を養ったり、掃除や洗濯といった家事を一緒に練習したりすることもあります。

就労支援を目的とした事業所では、精神障がいの度合いに応じて、各人にふさわしい就労先を斡旋したり、就労先を定期的に訪問して状況を確認し、職業定着を図ったりします。

さらに、児童養護施設や母子生活支援施設など、障がい者以外を対象とする施設で働く精神保健福祉士もおり、相談員という立場で、日常生活全般のアドバイスを行います。

福祉施設は、施設数そのものが多いこともあって、医療施設よりも求人数はかなり豊富です。

行政施設で働く精神保健福祉士

行政施設では、「精神保健福祉相談員」として、障がい者や家族からの相談に応じる窓口業務を行ったり、生活保護、各種給付金などの公的支援手続きをサポートしたりします。

また、医療や保健、福祉に関わる行政計画を立案したり、心の問題に関する理解を深めてもらうため、あるいは精神障がいに対する偏見をなくすために、セミナーなどの普及啓発活動を行ったりします。

近年は、精神障がい者の患者会や家族会を結成したり、再発防止プログラムを実施したりして、障がいがあっても地域で生活してもらいやすくするための「地域移行支援事業」に注力する自治体が目立ちます。

公務員という安定した身分が得られることもあって、行政施設は就職先として非常に人気があり、とくに都市部の就職倍率は高くなりがちです。

東京、神奈川、千葉、埼玉、大阪で展開しているきらケア正社員などの介護専門の求人サイトには、老人保健施設などの精神保健福祉士向けの求人が多く掲載されているだけでなく、専任担当者が精神保健福祉士としてどのような職場で働けば良いのかなどの相談にも丁寧に応じてくれます。