生産管理の社内での位置づけ、役割

生産の全体をコントロールする

生産管理は、形ある「もの」をつくる製造業の企業において、お客さまの要求を受けて、生産に必要なあらゆることをコントロールしていく仕事です。

具体的には、設計、資材手配、製造、出荷といった一連の業務に関わり、とくに「品質・コスト・納期」の要素を守りながら、計画通りに生産ができるような仕組みを作り上げ、管理していきます。

実際に手を動かしてものをつくっていく製造工場と、顧客とやりとりをする営業などとの間に立ち、問題なく生産が進み、納品できるように舵を取っていきます。

工場勤務となることが多いですが、いち技術者になるのではなく、生産の全体を見て、現場には適切に指示を出していくことが求められます。

効率的な生産が、利益を生み出す

生産管理はまた、在庫の調整を行うことも重要な役割です。

製品の売れ行きを見ながら今後の生産数を決定したり、市場動向を調査して先々の売れ行きを予測し、必要と考えられる製品数の生産体制を整えていくといった仕事も行います。

在庫を抱えすぎたり、逆に在庫が足りなくなったりすれば、企業にとっては無駄なコストが発生したり、利益が生み出せるチャンスを逃すことにもつながりかねません。

生産管理がうまく工場をコントロールすることによって、企業はより多くの利益が生み出せるようになります。

他部門との関わり

「生産」に関わるあらゆることを管理する生産管理は、日常業務のなかで、他部門と連携する場面も多々あります。

製品をつくるためには材料はもちろん、人員や設備が必要です。

それらをどのように使って、いつ、どれくらいのコストで生産を行っていくのか計画し、工場へものづくりの指示を出していくのが、生産管理の仕事です。

その業務のなかでは、資材・調達部、品質保証部、設計部、営業部といった人たちとの関わりが多くあります。

各部門から要望を受けたり、逆に調整をお願いしたりすることもあり、上手に人間関係を構築していく必要があります。

また、外注先となる部品など材料の工場などとのやりとりも発生してきます。