生産管理の種類

製造業の生産管理

生産管理は、おもに機械、食品、医薬品、化粧品、自動車といった製造業の企業で活躍しています。

そこでは生産数や納期、コストなどの管理を行いながら、生産計画を立て、生産ラインをコントロールすることを役割としています。

大きな企業であると、自社内に独立した生産管理部門が置かれていることも多く、生産管理の仕事に就いている人たちは、たいてい工場に勤務することになります。

中小企業であっても、形あるものづくりを行う会社の場合、何らかの形で生産管理の仕事に携わる人がいるでしょう。

ただし、生産管理は実際に手を動かしてものづくりを行うわけではなく、工場の技術者と本社の企画や営業といった別部門の人との間に立ち、双方の事情を把握したうえで、生産がスムーズに行われるように調整を行います。

生産管理はものづくりには不可欠な存在だといえます。

また、近年の生産現場では効率化を推し進めるためにIT化も進んでおり、たいていは各社が現場の実情に合わせて「生産管理システム」を導入・構築しています。

アパレルの生産管理

また、アパレルの工場でも生産管理は必要とされています。

アパレル系メーカーの場合、会社によって服、靴、カバンといったさまざまなファッションアイテムを作ることになります。

生産管理は企画段階から携わり、デザイナーたちがデザインを基に実際に形にしようとしている製品が、素材や部品、納期などの面で問題がないかどうか意見を述べることもあります。

また、アパレル分野の生産管理は、生地や裁断、縫製といったアパレルの専門知識を備えている必要があります。

そのため、デザイナーやパタンナーが生産管理を兼務することもあるようです。

ここでの生産管理も、つくり出そうとする製品が求められている品質、コスト、納期を満たすように、どのような工場や職人を使って生産していくかを決め、社内外との調整を行います。