生産管理の勤務時間・休日・残業

勤務時間

生産管理の勤務時間は8:30~18:00くらいの間で、1日の所定労働時間は7.5時間~8時間程度が一般的です。

たいていは日勤の勤務となりますが、一部の工場では夜勤が入ることもあるようです。

生産に必要な材料の仕入からスタッフ、コスト、納期、在庫などについてすべて管理していくため、業務量はどうしても多くなりがちです。

ただし、大手企業などで生産管理部門の体制が整っており、複数のスタッフが協力して働くところと、比較的小さな会社で一人があらゆる仕事を任されるようなところでは、1日の流れや忙しさも変わってくるようです。

休日・休暇

生産管理の休日は、土・日を休みとする「週休2日制」が一般的です。

ただし、土曜日は月に1~2回程度出勤日が設けられている会社もあります。

休暇としては、夏季休暇 冬季休暇、年次有給休暇、慶弔休暇、産前産後・育児休暇制度 介護休暇制度などが一般的です。

残業時間はどれくらい?

生産管理の残業時間は、多いところもあれば、ほとんどないようなところもあり、会社によってだいぶ事情が異なるようです。

多いところでは毎日数時間の残業は当たり前となっているようですが、少ないところだと月に20時間以下となっています。

また、残業時間削減のために、強制帰宅時間が決められているような職場もあるようです。

ただし、生産管理は工場の全体を見渡していなくてはならず、さらに社内の営業からは「顧客のために早く納品したい」といわれ、現場からは「スケジュールが厳しすぎる」といわれるなど、両者の板挟みとなることが多くあります。

もしトラブルが発生し、納期に間に合わないといったことがあれば取引先に頭を下げるようなこともあり、慌ただしく動き回る人が多いようです。

生産のコントロールをするという責任ある仕事に就く以上、ときに残業をして対応しなくてはならないこともあるでしょう。