アパレルの生産管理

商品を効率的に生産する仕組みを整える

生産管理というと、いわゆる「メーカー」といわれる製造業の企業で活躍する人が多い仕事ですが、アパレル関連企業でも需要のある仕事です。

アパレルの生産管理の仕事は、商品を効率的に生産するための仕組みを作り、管理していくことです。

工場の生産能力を計算して、どれくらいの数量の商品を、決められた時間で、質を維持しながら生産するための体制を整えていきます。

また、製造には必ずお金がかかりますから、少しでもコストを抑え、より多くの利益を生み出すためにも、生産管理の活躍が欠かせません。

具体的な仕事の流れ

アパレルの生産管理では、企画されたデザインが、実際の商品になるまでの一連のプロセスに携わっていきます。

素材を確保し、生地の価格やボタンなどの付属品の価格もあわせて、1着を作るために必要なコストを計算します。

そして、サンプルを作り、オーダー数に基づいて生産準備を行います。

原材料がなければアパレル商品は生産できませんし、生地に不良が見つかった場合には、代用品を見つけなくてはなりません。

こうしたトラブルによって生産計画が狂わないよう、すべての段取りをきちんと行わなくてはならないのが、生産管理の仕事の大変なところです。

品質や納期の管理はもちろん、コスト計算、生地や付属品の調達、サンプルチェック、縫製工場への指示出しといった、生産に不可欠なさまざまな業務を担当します。

アパレルの生産管理に必要なスキル

生産管理は、自らが工場で作業する技術者ではないものの、生産の流れ全体を見ていなくてはならないため、アパレルで使われる素材や縫製などの特性、知識について理解している必要があります。

また、この仕事では取引先と、営業・企画といった社内の別部門との間に立つことが多く、両者の調整や交渉事も多く発生します。

コミュニケーション能力にすぐれている人であれば、スムーズに仕事を進めていきやすいでしょう。

さらに、最近では海外へ生産工場を移すアパレル企業も増えているため、英語などの語学力があると仕事で役立つことがあるでしょう。