生産技術の社内での位置づけ、役割

設計と製造をつなぐ役割

生産技術は、簡単にいえば、製造業の「設計部門」と「製造部門」をつなぐ存在です。

メーカーが新製品を立ち上げる際には、「時間」「コスト」「品質」といったさまざまなポイントを踏まえたうえで、安定的に生産していくための量産体制を築き上げなくてはなりません。

開発や設計担当者の力によって「こういう技術で、こういう製品を作る」ということが確定しても、それを実際に工場の生産ラインに乗せて製造を行っていくには、また別の準備や検討が必要になります。

そこを担当するのが生産技術です。

生産技術は、設計担当者の思いをくみ取ったうえで、製造現場がきちんと動けるように、製造に必要な設備や工程を計画し、生産ラインを作り上げていきます。

生産ラインの見直しや改善にも力を発揮

生産技術は、最初に生産ラインを作ったら仕事は終わりというわけではありません。

動かした生産ラインに対して、つねに製品の安全性や品質が保たれているかどうかを検証したり、より効率的な生産が実現できるための方法を考えたりします。

生産技術は、その企業が持つ技術力を最大限に高める方法を考えるとともに、現状の製造に対する課題を見つけて、「品質」「コスト」「時間」の面で、より良い生産が実現できるように動いていく役割を担っています。

会社によって位置づけは微妙に異なる

ひとくちに生産技術といっても、業務内容や業務範囲、位置づけは会社によって少しずつ異なっています。

新製品の立ち上げ、生産性向上やコスト削減に向けた検討のほか、品質改善のための製造工程の検討、また、場合によっては製造に必要な基準書などの書類作成・改定や、現場の社員教育にまで携わることもあります。

すべての生産技術職の人が同じような仕事を行っているわけではなく、また同じ部門内でも人によって異なる役割が与えられていることもあります。

しかし、いずれにしても他部署と連携を取りながら、工場がスムーズに稼働するように働きかけ、ものづくりを支えていく役割を担っていくといえます。