生産技術の勤務時間・休日・残業

勤務時間

生産技術の勤務時間は会社によって多少異なりますが、8:00~17:00前後で、1日の労働時間は7.5時間~8時間程度が一般的となっているようです。

生産技術の社員は工場勤務となることが多く、本社の事務職などオフィスワークの仕事に比べると、始業時刻はやや早めになることが特徴といえるでしょう。

基本的には朝から夕方頃に働く「日勤」が中心で、毎日定められた時間帯に働きますが、一部の会社では夜勤も入っており、その場合はスタッフが交代してのシフト制勤務になっているようです。

土日出勤になることも

生産技術の休日は、基本的には土日が休みの「週休2日制」とされている会社が多いですが、休日出勤になる可能性もそれなりにあると考えておいたほうがよいでしょう。

それというのも、生産ラインの構築や設備・機械の修理などは工場が稼働していない土日を使って行われることが多く、生産技術の社員は、その場に立ち会うために出勤を求められることになるからです。

休日出勤をした分の休みは、基本的に他の日に代休や振替休日といった形で取得することになるでしょう。

残業は多い?

生産技術は、他の技術系職種と比較した場合、やや残業が多めといわれています。

その会社の仕事内容にもよりますが、生産ラインにトラブルが発生した場合は勤務時間関係なく対応して復旧させなくてはならないため、予期せぬ残業も出てきます。

また、生産技術は製造に関連する社内の各部門と連携することが多く、各部門の調整に時間がかかってしまうこともあり、こうした理由から残業時間が増えがちなようです。

ただし、なかには月の残業時間が10~20時間程度と、さほど多くない職場もあるようです。

生産技術だから必ず残業が増えるというわけではなく、勤務先によって、あるいはその時々の現場の状況によって、だいぶ様子が異なってくるといえるでしょう。