精密機器メーカーでのインターン

精密機器メーカーでのインターンとは

最近では、多くの企業で「インターンシップ(インターン)」が行われるようになっています。

インターンとは、学生を対象とした「就業体験」の場であり、在学中に業界や仕事内容を理解することができると同時に、新しい出会いを通じて自分を成長させることができます。

なお、インターンはすべての会社で行われているわけではなく、参加も強制ではありません。

応募資格、参加条件などは企業によって異なるため、事前に各社の採用ホームページや就職求人サイトなどの情報を確認してください。

インターンの内容は?

精密機器メーカーのインターンは、企業によって内容が異なりますが、だいたい1日で完結するプログラムと、数日にわたって実施されるプログラム、また長期的に行われるプログラムなどに分かれています。

1日のプログラムの場合は、業界や会社の理解からはじまり、仕事を体感する個人ワークやグループワークが中心に行われているようです。

ワークの内容としては、会社から提示される条件の下に新しい製品を企画したり、顧客役と営業担当者役での営業ロールプレイングなどを行ったりするようなことがよく行われています。

さらに、実際の製品に触れたり、社内や工場見学、さらに社員との座談会などが用意されていることもあります。

インターン参加のメリットは?

インターンに参加することによって、その業界や企業のことをより深く理解しやすくなります。

その結果、本当に興味のある分野や、自身が就きたい仕事が明確になるという声もよく聞かれます。

こうした経験を通して、採用試験に臨むための志望動機を練る段階でも、より具体的なストーリーが考えられるようになるでしょう。

また、もっと広い視点で「働くこと」に対する意識を高めることができたり、自身のキャリアについて深く考えるきっかけになることも、インターン参加のメリットといえます。