生活相談員を目指す人にはどんな資格が必要? 資格要件は?

生活相談員になるために必要な資格

生活相談員として働くには、国家資格である「社会福祉士」や「精神保健福祉士」、もしくは民間資格である「社会福祉主事任用資格」の取得が必須です。

これらの資格がなければ、生活相談員として働くことはできません。

国家資格である「社会福祉士」や「精神保健福祉士」は、一般的に社会福祉系の4年制大学を卒業することで取得可能です。

大学へ進学する方法だけでなく、実務と施設研修を行うことで、資格要件を満たすこともできます。

また、大学に通わなくとも、高校を卒業していれば、カリキュラムを行う大学などで指定された科目を履修する、あるいは研修を履修することで「社会福祉主事任用資格」を得ることもできます。

それぞれの資格に必要な要件を確認し、自身に合った資格取得方法を探してみましょう。

生活相談員になるための資格要件

生活相談員になるためには、国家資格である「社会福祉士」「精神保健福祉士」、あるいは民間資格である「社会福祉主事任用資格」が必須です。

社会福祉士、精神保健福祉士の取得要件

「社会福祉士」や「精神保健福祉士」の資格を取得するためには、まず国家試験の受験資格を得る必要があります。

その方法は、大きく分けると4つのルートがあります。

(1)社会福祉系の4年制大学を卒業する
(2)社会福祉系の短大を卒業し、取得していない指定履修科目の履修や相談援助業務の実務(1~2年)経験を積む
(3)一般大学を卒業後に一般養成施設等で学ぶこと、また一般短期大学を卒業後に相談援助業務の実務(1~2年)を積む
(4)大学や短大などに進学せず、相談援助業務の実務を4年経験し、一般養成施設等で学ぶ

ただし、これらの条件は複雑で、改正も頻繁に実施されますので、最新の情報をその都度確認してください。

社会福祉士の仕事
精神保健福祉士の仕事

社会福祉主事任用資格の資格要件

民間資格である「社会福祉主事任用資格」を取得するための方法はいくつかあります。

代表的なものとしては、カリキュラムを行う大学などで社会福祉に関する3科目を履修する、あるいは指定養成期間で1500時間の研修を修了する方法です。

社会福祉主事の仕事

生活相談員になるための資格難易度

生活相談員として働くために必要な各資格の取得難易度は、それぞれ異なります。

「社会福祉士」の合格難易度は、さまざまある国家資格のなかで難易度は普通レベルとされます。

合格率は、過去10年間で約30%前後です。

精神面の専門性が高い「精神保健福祉士」の合格難易度は比較的易しめで、合格率は例年60%前後です。

また、「社会福祉主事任用資格」は試験を受ける必要はありませんから、他の2つよりは難易度は易しめといえます。

ただし、所定の講習会等に長期間通うことになりますので、根気強く学ぶ姿勢が大切です。