セキュリティエンジニアの求人状況・就職先選びのポイント

セキュリティエンジニアの就職先にはどんなところがある?

セキュリティエンジニアが活躍できる就職先には、さまざまな職場があります。

一例として、以下のような職場があげられます。

・セキュリティソフトやサービスをつくり、個人や会社に販売する企業
・主に会社に対して、セキュリティの提案や対策をする企業
・セキュリティの監視を行う企業
・一般のIT企業
・国や都道府県などの公務員

セキュリティの提案や対策をする企業のなかには、情報システムへ侵入があった際の調査を専門とする「フォレンジック」業務を行う企業もあります。

上記にあげた職場は、いずれも専門的なセキュリティやネットワーク、インフラの知識が求められます。

一方でプログラミングの能力が求められるかどうかは、職場によりさまざまです。

セキュリティエンジニアの求人の状況

セキュリティエンジニアの求人は、高い状況が続いています。

それはITを活用するにはセキュリティが必須である一方、求められる技術は高度であるため、専門のエンジニアや企業に任せたほうがよいことが理由にあげられます。

そもそも個人も企業も、自らセキュリティのスキルを身につけて業務を行うには、手間も時間もかかり過ぎます。

従って専門のセキュリティ企業が提供するサービスを使ったり、セキュリティエンジニアのコンサルティングを受けることが、最も費用対効果の高い方法となります。

加えてセキュリティの欠陥はセキュリティ事故につながり、企業の倒産に直結するおそれもあるため、安易にセキュリティへの投資を削るわけにもいきません。

そのためセキュリティエンジニアには、一定の高いニーズがあります。

とりわけスキルの高いセキュリティエンジニアは、どこの企業でも歓迎されるのではないでしょうか。

セキュリティエンジニアの就職先の選び方

セキュリティエンジニアの就職先を選ぶ際には、給料や雇用形態はもちろん、以下の点もポイントとなります。

・どのような事業か(自社サービス、SI企業、フォレンジック、監視・運用など)
・自社内で勤務か、顧客先に常駐か
・勤務時間(業務によってはシフト制の場合もあり、週によって休日や勤務時間がばらばらの場合もある)

また就職先を選ぶ際には、あなた自身が何を目指すのかも重要です。

ここでは主な3つのタイプを取り上げ、おすすめの職場を提示します。

セキュリティのスキルを追い続けたい

このような方は、自社サービスを運営するセキュリティ企業がおすすめです。

この企業では高いセキュリティのスキルを持ち、活用できることが求められます。

利用者に安全を提供することで事業を成り立たせていますから、セキュリティを究めたい方にはうってつけの環境といえるでしょう。

顧客企業の要望にあわせたセキュリティを提供したい

このような方は、セキュリティに強いSI企業がおすすめです。

これらの企業では、企業の事情にあわせてセキュリティもオーダーメイドしますから、顧客に寄り添った提案が可能です。

セキュリティによる被害の原因を、徹底的に追求したい

このような方の場合は、フォレンジックを扱う企業がおすすめです。

フォレンジックの業務は不正アクセスの証拠を保全し、原因を調査することが主体です。

まるで捜査のようですが、しくみを解明することで今後の被害を未然に防止できることがやりがいとなるでしょう。

セキュリティエンジニアの志望動機・面接

セキュリティエンジニアは社会的な意義が高い職業である一方、求められるスキルレベルは決して低くはありません。

そのため企業ごとの仕事内容をつらい面も含めてきちんと把握することが、よい志望動機につながります。

また自ら最新技術を積極的に学ぶ姿勢や最後まであきらめない粘り強さなども、重要なポイントにあげられます。

これらは志望動機の作成や面接対策の際に、意識しておきましょう。

面接においては、セキュリティに関する最近の話題や、スキルに関する質問が行われる場合があります。

セキュリティの世界は日進月歩ですから、常に最新のニュースをチェックし、不明な点はきちんと調べて身につけることが求められます。

就職先はどのように探したらいい?

求人サイトを活用する

求人サイトには、多くの企業が掲載されています。

必要事項を入力すれば、誰にも相談せずに応募できる点がメリットです。

このため自分のペースで就職先を探したい方に、おすすめの方法です。

就職エージェントを経由して探す

セキュリティエンジニアの求人は、非公開で行われる場合も多いです。

これらの求人情報は「就職エージェント」という、民間の就職支援会社が持っています。

就職エージェントに依頼することで応募から内定まで、トータルでのサポートを受けられることがメリットです。

最近では大学生を対象とする「就活エージェント」も一般的です。

学校で情報をみつけ、応募する

大学などに在学している場合は、学校で求人情報をみつけ、応募する方法もあります。

多くの大学では進路相談を取り扱う「キャリアセンター」が設置されており、求人情報が掲載されています。

そのため、気になる求人を見つけたら係員に相談の上、応募することができます。