フリーランスのセールスエンジニア

フリーランスでもセールスエンジニアになれる?

技術力と営業力の両方を併せ持つセールスエンジニアは、近年、IT企業や機械などのメーカーにおいて需要が高まっている仕事です。

クライアントは技術に対してあまり知識を持っていないことも多く、そうした人にわかりやすく製品の良さや特徴を伝え、それによってクライアントの課題を解決に導くことがセールスエンジニアの役割です。

なお、この仕事はまずエンジニアとしてキャリアを磨いていき、その次のキャリアパスとして就くのが一般的です。

特定の会社の所属する正社員などではなく、フリーランスでも働くことができますが、フリーランスの場合は特定の業界に強みを持つ人がなることが多いようです。

フリーランスのセールスエンジニアとして働くには

エンジニア全般にいえることですが、未経験者がいきなりフリーランスのセールスエンジニアとしてどんどん案件をこなしていくというのは、難しいと考えておいたほうがよいでしょう。

とくにフリーランスの場合、会社の看板や肩書なく仕事をすることになります。

そこでは個人の経験やスキルが何よりもモノをいいますし、実際に案件を受注できた場合も、クライアントに満足してもらえるだけの成果を出すには、やはりそれなりのスキルが必要になってきます。

まずは会社でセールスエンジニアとして経験を積んでから、フリーランスになるのが一般的といえるでしょう。

最近ではIT業界のエンジニアに特化した求人・案件紹介サービスを手掛ける会社も出ているため、そうしたものを利用して、仕事を探していくとよいでしょう。

役立つスキルは?

セールスエンジニアは、技術力、提案力、コミュニケーション力、語学力といったさまざまなスキルが生かせる仕事です。

扱う製品・サービスによって、求められる技術の知識は変わってきます。

自分の得意分野や強みを明確にすることが重要で、そこの技術に明るい人は活躍しやすいでしょう。

また、クライアントが抱える課題の本質を素早く理解し、最適なソリューションを提案する力も求められます。

営業として地道に信頼関係を構築しながら、相手に寄り添った提案ができる人は活躍しやすいです。

さらに、セールスエンジニアが活躍する業界では海外展開している企業も多いため、語学力が高く評価されることがあります。