作詞家の事務所・プロダクション

作詞家の事務所とは

作詞家のほとんどは会社員ではなく、音楽系事務所などに所属しているか、フリーランスの個人事業主です。

事務所に所属する場合とフリーランスの違いは、仕事のチャンスを得やすいことです。

新人作詞家の登竜門「作詞コンペ」は、アーティストの新曲のメロディをデモテープなどで聞き、そこに歌詞をつけていきます。

このコンペの情報は主に音楽出版社や音楽系の事務所に流されるため、事務所に所属している人の方がチャンスを得る確率は高いといえます。

事務所による特徴の違い

プロダクション

主にアーティストやプレーヤー(演奏家)が所属しているマネージメント会社で、専業の作詞家を直接所属させるということはほとんどありません。

しかし、お抱えアーティストの指名の場合や、太いパイプのある作曲家編曲家のブレーンの場合、もしくはコメンテーターなどでメディアに露出している作詞家の場合はプロダクションへ所属している人もいます。

音楽出版社

レコード会社や楽曲制作会社、音楽出版社で所属の作詞家を抱えるケースはごくわずかです。

作詞家を所属させるよりも、1曲単位で個人事務所や作家事務所に所属している作詞家に仕事を依頼するケースが主流になります。

作家事務所

いわゆるエージェントで、作詞家に限らず作曲家、編曲家などの音楽クリエイターが多数所属しています。

その規模や営業力は事務所によって大きな差があります。

事務所内の所属クリエイター同士でデモテープをつくり、アーティストやレコード会社に売り込むスタイルが多くなっているようです。

その他

作詞だけで生活が成り立っている作詞家はごく少数で、放送作家コピーライターなどの職業を兼ねる人も多く存在します。

そういった兼業作詞家の場合は、それぞれメインになる仕事の会社や事務所に所属し、イレギュラーで作詞の依頼を受ける形が多いようです。

事務所に所属するには

こうした事務所で仕事をするには、面接やオーディションを経て所属することが多いようです。

多くの事務所では、新人を発掘するために、さまざまな応募条件を設けています。

既に他の事務所と契約していないこと、作詞に必要な一定のスキルがあること、作詞のための環境が整っていることなどが条件にされることが多く、基本的にはメールや封書で自身の経歴をまとめ応募します。

その後、面接やオーディションが行われます。

ここでは一般的な面接だけでなく、実際の作詞のスキルが問われることが多く、既存のデモテープに歌詞をつけたり、一定のテーマを与えられその場で作詞をしたりすることが多いようです。

晴れて合格すると作家契約や著作権契約を結び、仕事ができるようになります。

事務所に所属した場合、仕事のチャンスは大きく増えますが、印税の30~50%ほどは事務所に納めなければならないことが多く、手取りが大きく減ってしまいます。

そのため、一定の経験を積むとフリーランスとなったり、個人事務所を構えたりする作詞家が多いようです。