臨床心理士の雇用形態

常勤か、非常勤か 臨床心理士の活躍フィールドは医療領域、福祉領域、教育領域、産業領域などさまざまですが、いずれの領域でも、働き方は大きく「常勤」と「非常勤」のどちらかに分かれます。 常勤の場合、週5日、1日8時間程度の勤 … 続きを読む

臨床心理士の独立、開業

独立までの流れ 臨床心理士の資格を取得して、すぐに独立する人はあまり多くありません。 この仕事では臨床経験を通して専門知識を深めたり、さまざまなケースに対応できるだけの力を得ていくため、いくら学校で勉強したとしても、臨床 … 続きを読む

アルバイト、パートの臨床心理士

非常勤の求人は多い 臨床心理士は、全体として正社員や正職員の求人が少なく、アルバイトやパートなど非常勤で働く人が非常に多いことが特徴です。 大学院まで進んで臨床心理士の資格を持っていても、残念ながら常勤で勤務できる職場が … 続きを読む

派遣の臨床心理士

派遣の形で働く人もいる 臨床心理士という職業の認知度は徐々に上がっているようですが、いまだこの仕事は常勤で働く人よりも、非常勤で働く人のほうが多いといわれています。 臨床心理士の有資格者に対して常勤の求人は足りておらず、 … 続きを読む

副業の臨床心理士

副業としても働ける? 臨床心理士は、日本に数ある心理系の民間資格のなかでも最も社会的な評価が高いものとされており、取得のためには大学卒業後に指定大学院を修了する必要があるなど、なるためのハードルもやや高めといえます。 こ … 続きを読む