臨床心理士の需要

多岐にわたる場所で必要とされている

かつての日本では、「心理カウンセリング」といえば敷居が高く、一般の人にとってはなかなか馴染みがないものと考えられていました。

しかし、現代では風邪をひいたら病院に通うのと同じように、心の問題で悩んだら専門機関でカウンセリングを受ける、という考えが徐々に一般的なものになりつつあります。

社会が複雑化し、人の抱える心の問題はさらに多様化しているといわれます。

子どもの虐待やいじめ、不登校、職場でのうつ病、家庭でのトラブルなど、若い人から高齢者まで、あらゆる人にとって心の問題は切っても切り離せないものとなっています。

そのようななか、専門知識を持つ臨床心理士の活躍に期待が寄せられており、学校や病院、福祉施設、企業など、さまざまな場所で臨床心理士が求められています。

時代が進むにしたがって、臨床心理士の需要も大きくなっているといえるでしょう。

スクールカウンセラーの仕事

臨床心理士の優位性

これまで、心理系の資格には国家資格が存在せず、複数の民間資格が乱立する状態となっていました。

そのなかでも、臨床心理士は最も権威があり、社会的な評価も高い資格として位置付けられています。

現在でも、臨床心理士の有資格者であることが採用条件となっている職場も多々あり、心理学の専門知識やカウンセリングスキルを備えていることを証明できます。

国家資格の誕生による変化

しかし、臨床心理士の位置づけは、今後少し変わることが予想されています。

それというのも、新たに国家資格として「公認心理師」の制度がスタートすることが決定しており、それによって今後は公認心理師が心理系資格のスタンダードになる可能性があるからです。

両者は業務内容や活躍の場が近しいため、資格制度がスタートしてからしばらくは臨床心理士と共存していくことが見込まれますが、今後の心理系資格の位置づけに関しては、よく情報を追っていくほうがよいでしょう。