ラジオパーソナリティの勤務時間・休日

ラジオパーソナリティの勤務時間

勤務サイクルは安定している

ラジオパーソナリティは、帯番組を持っている場合には、勤務時間や休日は安定しています。

13時から15時までの2時間の番組であった場合、放送開始前後の1〜2時間前にスタジオに来て打ち合わせや、前回の放送の反省会等をします。

生放送であれば放送時間の枠は必ず決まっているので、番組が継続しているのならば勤務サイクルは基本的に変わらず、番組が早朝や深夜の人であっても同様です。

ほかの仕事との兼ね合い

ラジオパーソナリティという仕事は、他に仕事を持っている人が多く、勤務時間や休日は人それぞれです。

他にアルバイトをしているだけではなく、メインの仕事を持っていて週に1回だけラジオパーソナリティの仕事をするという人、複数の曲でラジオ番組の掛け持ちをしている人など働き方はさまざまです。

あらかじめ担当する番組が決まっている場合は勤務サイクルも決まってくるため、スケジュールが重ならないように調整をすることも比較的しやすいといえます。

ラジオパーソナリティの休日

ラジオパーソナリティの休日は、ラジオの仕事が入っていない日です。

ただし、ラジオパーソナリティとしては放送がない日だとしても、ほかの仕事を掛け持ちしていたり、収録の番組を担当したりすることもあるため、放送がない日だからと言って完全に休みとなることは少ないようです。

ラジオ局やテレビ局に勤めていたり、事務所に所属したりしている場合は、会社側がスケジュールを調整し、休日を決めるため、比較的安定して休日を取ることができるでしょう。

フリーランスのラジオパーソナリティの場合は、自分でスケジュールを調整する必要があり、仕事がなければ連日休日となることもありますが、売れっ子ともなれば休みがないほど忙しい日が続きます。

ラジオパーソナリティの休日の過ごし方

ラジオパーソナリティは休日や自由な時間を使って、外部の人とのアポ取りをしたり、打ち合わせに出向いたりと本来の仕事でないことに時間を費やすこともあります。

そのほか、休日でもトークのネタとなる些細なことにアンテナを貼る必要があり、移動中やプライベートな時間で起きたことも、身近な話題としてストックしておく必要があります。

たとえば、音楽番組をしているパーソナリティであれば、ライブに行ったりCDショップに出向いたり、話題の音楽をきいたりするなど常に知識を入れておく必要があります。

また、学生向けの番組を担当しているのであれば、季節の学校行事や日常での出来事、学生の間で流行しているものを試したり、イベントなどに足を運んだりとさまざまな情報を集めて置かなくてはならないでしょう。

さらにSNSで情報を発信しているラジオパーソナリティも多いため、休日でもファンサービスのために情報を提供することも少なくありません。

ラジオパーソナリティは、休日でも常にラジオのことを考えている必要があり、仕事とプライベートの線引きがあいまいである職業ともいえるでしょう。

ラジオパーソナリティの1日のスケジュール・生活スタイル