パタンナーの需要

ファッション産業を支える重要な職業

パタンナーが活躍するファッション業界は、人間の生活に不可欠な「衣食住」に関わる産業であることから、安定した需要があるといえます。

とくにパタンナーは専門的な技術が求められる職種であり、誰にでも簡単にできる仕事ではないことから、パタンナーとしてのスキルを持つ人はおおいに歓迎される傾向にあります。

パタンナーの代表的な活躍の場はアパレルメーカーとなりますが、大手から中小企業まで規模はさまざまであり、やはり大手のほうが求人はだいぶ多くなってきます。

ファッション業界は流行の移り変わりが激しく、景気にも左右される面がありますが、どのような服を作る場合でも一定の数のパタンナーは必要とされるため、今後も安定した需要が見込めると考えておいてよいでしょう。

ITを使いこなせる人材が求められる

どのような業界でも「IT化」がだいぶ進んでいるようですが、パタンナーの世界でもITを使いこなすことは不可欠となっています。

さまざまな職場において、CADを使った作業が一般的になっており、CADのスキルを持っていることが採用条件になるケースも少なくありません。

もちろん、なかにはCADを用いない場合もありますが、いまや手書きよりもITを使った作業が主流になっていますし、社内のメンバー同士でITを活用したコミュニケーションをとることもあります。

この先はさらに、IT化に対応できないパタンナーは活躍の場が限定されてくるものと思われます。

実績や経験を積み重ねていくことが大切

パタンナーは専門職であるため、新人のうちは、簡単なことから任されるケースがほとんどです。

しかし、経験を積んでいくうちに難しいパターン製作にも携われるようになり、日々の積み重ねが確実に自分の力となっていきます。

確かな腕があるパタンナーは、どこのアパレルメーカーも求める人材であり、より良い条件での転職もしやすくなります。

とにかく日々の勉強と技術力の向上に努め、スキルアップに励むことで、大きく羽ばたくチャンスを掴み取ることができるでしょう。