ナレーターの求人・募集はどこで探せばいい?

ナレーターは実力主義

ナレーターの世界は、完全な実力主義の世界です。

どこの学校を出ているか、年齢は何歳か、出身地はどこか、どんな資格や免許を取得しているか…そういったことは一切関係ありません。

大切なのは、特徴のある魅力的な声をしていることと、ナレーションの才能があること。

それだけです。

ですから、今はナレーターとは全然関係のない職業についている人でも、やる気次第でこの業界に飛び込んでいくことは可能です。

それでは、具体的にはどのような求人があるのか、どのように探せばよいのかを見てみましょう。

テレビやラジオ番組の求人

ナレーターの募集には、「正社員」「アルバイト・パート」「業務委託」などさまざまな雇用形態があります。

ナレーターとして生活を安定させやすいのは、放送局や番組制作会社に正社員として雇用される形ですが、このような求人募集は非常に少なく、アルバイトやパート、業務委託での募集のほうが圧倒的に多くなっています。

しかし、決してナレーターの需要が少ないというわけではありません。

ナレーターの仕事内容としては、テレビ番組のVTR部分につけるナレーション、テレビやラジオでのCMのナレーション、企業の紹介動画のナレーションなどがあります。

とくに企業の紹介動画のナレーションは、近年ホームページに動画での自社紹介コンテンツを作る企業が急増していることから、一気に案件が増えているようです。

このような求人は、クリエイティブな業界の求人を扱っているサイトなどに掲載されていることが多いので、チェックしてみるとよいでしょう。

案内ナレーションの求人

放送以外の分野では、公共交通機関や博物館、美術館、デパートなどでの案内ナレーションの募集が目立ちます。

こういった情報は、各企業のホームページに出ていることもありますが、声優やナレーターが所属する事務所向けに、直接オーディションの情報が届くことが多いようです。

したがって、できるだけ効率的にナレーションの仕事を見つけたいのであれば、まず事務所に登録することが近道になるといえそうです。

ただし、いずれの場合も単発での仕事となることが多く、テレビ番組のナレーションのようなレギュラーの仕事を手に入れるのは難しくなっています。

ナレーターは、新人のうちから安定した生活をするのは難しいところがあります。

単発の案件を地道にこなしていきながら実力と信用を得ることで、より大きな仕事へ挑戦していく道が開けるでしょう。

司会や読み聞かせの求人

ナレーターそのものの求人が見つからなかった場合、ナレーターに近い仕事を探して、「声」を使った表現力を高めることを考えてもよいかもしれません。

たとえば、各種イベントのMCや司会、読み聞かせなどであれば、「きちんとした発声によって、聴いている人や観ている人に向けてわかりやすく言葉を届けていく」という点で、ナレーターと同じようなスキルが必要とされます。

結婚式や葬式など、冠婚葬祭における司会業は、とくに年間を通して人を募集していることが多いようです。

こうした仕事を探して、ナレーターとしての基礎的なスキルを磨いていくのもよいでしょう。

未経験者が転職でナレーターを目指すには

それでは、未経験者が転職でナレーターを目指す場合はどのようなステップを踏めばよいのでしょうか。

一般的な方法としては、転職を考え始めたらまずはナレーターの養成学校や講座に通い始めてレッスンを受けます。

言葉のアクセントを学んだり鼻濁音を美しく発音するトレーニングをしたり、朗読のテクニックを身につけたりするのが目的です。

自分の実力に自信がある人はこのようなスクールに通わなくてもよいかもしれませんが、地方出身者は日本語の正しいアクセントが身についていないことが多いので、一度専門的な勉強をすることは意義のあることです。

ここで基本的なことを学びながら、自分を売り込むためのボイスサンプルを作ったり面接用の書類を作ったりして、求人情報を探します。

直接オーディションに応募してもよいですし、事務所や番組制作会社に所属させてもらいながら、小さな仕事を少しずつこなしてレベルアップを図るのもよいでしょう。

ただし、この業界は案件ごとに報酬をもらうことが多く、安定した収入を得られるまでには長い時間がかかることも珍しくありません。

転職にあたっては一時的に大幅な収入ダウンがあることも想定しておいたほうが賢明でしょう。

よりよい待遇を手に入れるために

ナレーターの給料は、募集案件によって大きく異なります。

個人で活動する場合、テレビ番組でレギュラーを持てるようになったり大手企業のCMの案件を受けたりすると、その報酬額は一気に高くなります。

一方で、地方ラジオのナレーションやHPの動画のナレーションなどになると、報酬は低くなりがちです。

安定した収入を得るためには、継続して仕事が入ってくるように努力をしなければいけません。

そのために、「年間契約のレギュラーの仕事を持つ」「単発の仕事で成果を出して継続的な案件をもらう」「正社員として登用される」といったことを目標に努力している人もたくさんいます。

また、この業界では人脈が重要です。

業界関係者の間では、日々実力あるナレーターに関する情報交換が行われていることもありますし、口コミで評判が広がって仕事を紹介してもらったり、次の仕事につながったりすることもあります。

高い収入を得ようと思ったら、自分のナレーション技術を高めることはもちろんのこと、人脈を広げたり営業力を身につけていく努力も不可欠といえます。